プレスリリース

J.D. Power 2019年北米航空会社国際線満足度調査(SM)

2019年12月10日(火)14時00分
株式会社ジェイ・ディー・パワー ジャパン
~北米発アジア路線では日本航空が総合満足度No.1に~


 CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関であるJ.D. Power(本社:米国カリフォルニア州コスタメサ)は、現地時間12月4日に、J.D. Power 2019 Airline International Destination Satisfaction Study(SM) (2019年北米航空会社国際線満足度調査(SM))の結果を発表した。主な調査結果は下記の通り。

顧客満足度のカギ機内サービス、中でも食事と飲み物
 飲食物やエンターテインメントなどの機内サービスは、国際線を利用する旅行者の間で乗客の満足度を高める主な要因である。当調査では、ヨーロッパおよびアジアへのフライトでは、乗客の機内での体験全体の半分以上が飲食によって印象付けられることが分かった。これは運賃や手数料といった価格重視の北米の国内線利用者のニーズとは大きく異なる傾向である。
 その一方で機内食とドリンクにはまだ改善の余地ある。飲食全体に対する乗客の満足度は、エンターテインメント全体の満足度よりも低い。ヨーロッパ行きでは、エンターテインメントと飲食の満足度には53ポイントの開きがあり、アジア路線では、22ポイントの開きがあった(1,000ポイント満点)。

利用する航空会社の選択過去の体験を重視
国際線の乗客が航空会社を選択する際の主な選定理由は次の通りであることがわかった。

過去の航空会社での体験(40%)
優れた顧客サービス(36%)
フライトスケジュールの利便性(35%)
評判(33%)
航空運賃の安さ(31%)

これは、北米の国内線利用者が航空会社を選ぶ際に重視する基準(直行便の利用可能性、手荷物料金の無料化、Wi-Fiアクセスなど)とは大きく異なる結果である。

顧客満足度ランキング
【北米発アジア路線】(対象11ブランド)
第1位:日本航空(869ポイント)
第2位:デルタ航空(861ポイント)
第3位:大韓航空(854 ポイント)

【北米発ヨーロッパ路線】(対象11ブランド) 
第1位:ターキッシュ・エアラインズ(833ポイント)
第2位:ヴァージン・アトランティック(829ポイント)
第3位:ブリティッシュ・エアウェイズ、デルタ航空(同点、815ポイント)

J.D. Power 2019年北米航空会社国際線満足度調査(SM)概要

北米~アジア間、および北米~ヨーロッパ間の国際線を運航している航空会社を対象に、総合的な満足度を聴取し明らかにする調査。今年初の実施となる。

■実施期間:2019年9月~10月■調査方法:インターネット調査
■調査対象:直近90日以内に北米からアジア、ヨーロッパ方面の国際線の利用客
■回答者数:6,287人

総合的な顧客満足度に影響を与えるファクターを設定し、各ファクターの詳細評価項目に関するユーザーの評価を基に1,000ポイント満点で総合満足度スコアを算出。顧客満足度を構成するファクターは、総合満足度に対する影響度が大きい順に、「機内サービス」「運賃・手数料」「航空機」「乗務員」「チェックイン」「搭乗」「入国審査」「手荷物」「予約」となっている。

*本報道資料は、現地時間12月4日に米国で発表されたリリースを要約したものです。
原文リリースはこちら
https://www.jdpower.com/business/resource/airline-international-destination-study

*J.D. パワーが調査結果を公表する全ての調査は、J.D. パワーが第三者機関として自主企画し実施したものです。

【ご注意】本紙は報道用資料です。弊社の許可なく本資料に掲載されている情報や結果を広告や販促活動に転用することを禁じます

J.D. パワーについて:
J.D. パワー(本社:米国カリフォルニア州コスタメサ)は消費者のインサイト、アドバイザリーサービス、データ分析における国際的なマーケティングリサーチカンパニーです。企業の顧客満足度改善やパフォーマンス向上のソリューション提供のため、現在、北米、南米、アジアパシフィック、ヨーロッパでビジネスを展開しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ワールド

2020年の北朝鮮の対中貿易、80%減 新型コロナ

ワールド

石油需要の回復、新型コロナの感染再拡大が圧迫=IE

ワールド

コロナ独立委報告、中国の初動の不備を意味しない=外

ワールド

7府県知事から病床確保・財源で要請=西村再生相

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 3

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 4

    州兵たちの仕事は「愛国」を叫ぶ同胞たちから議事堂…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 7

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 8

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 8

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!