プレスリリース

J.D. Power 2019年北米航空会社国際線満足度調査(SM)

2019年12月10日(火)14時00分
株式会社ジェイ・ディー・パワー ジャパン
~北米発アジア路線では日本航空が総合満足度No.1に~


 CS(顧客満足度)に関する調査・コンサルティングの国際的な専門機関であるJ.D. Power(本社:米国カリフォルニア州コスタメサ)は、現地時間12月4日に、J.D. Power 2019 Airline International Destination Satisfaction Study(SM) (2019年北米航空会社国際線満足度調査(SM))の結果を発表した。主な調査結果は下記の通り。

顧客満足度のカギ機内サービス、中でも食事と飲み物
 飲食物やエンターテインメントなどの機内サービスは、国際線を利用する旅行者の間で乗客の満足度を高める主な要因である。当調査では、ヨーロッパおよびアジアへのフライトでは、乗客の機内での体験全体の半分以上が飲食によって印象付けられることが分かった。これは運賃や手数料といった価格重視の北米の国内線利用者のニーズとは大きく異なる傾向である。
 その一方で機内食とドリンクにはまだ改善の余地ある。飲食全体に対する乗客の満足度は、エンターテインメント全体の満足度よりも低い。ヨーロッパ行きでは、エンターテインメントと飲食の満足度には53ポイントの開きがあり、アジア路線では、22ポイントの開きがあった(1,000ポイント満点)。

利用する航空会社の選択過去の体験を重視
国際線の乗客が航空会社を選択する際の主な選定理由は次の通りであることがわかった。

過去の航空会社での体験(40%)
優れた顧客サービス(36%)
フライトスケジュールの利便性(35%)
評判(33%)
航空運賃の安さ(31%)

これは、北米の国内線利用者が航空会社を選ぶ際に重視する基準(直行便の利用可能性、手荷物料金の無料化、Wi-Fiアクセスなど)とは大きく異なる結果である。

顧客満足度ランキング
【北米発アジア路線】(対象11ブランド)
第1位:日本航空(869ポイント)
第2位:デルタ航空(861ポイント)
第3位:大韓航空(854 ポイント)

【北米発ヨーロッパ路線】(対象11ブランド) 
第1位:ターキッシュ・エアラインズ(833ポイント)
第2位:ヴァージン・アトランティック(829ポイント)
第3位:ブリティッシュ・エアウェイズ、デルタ航空(同点、815ポイント)

J.D. Power 2019年北米航空会社国際線満足度調査(SM)概要

北米~アジア間、および北米~ヨーロッパ間の国際線を運航している航空会社を対象に、総合的な満足度を聴取し明らかにする調査。今年初の実施となる。

■実施期間:2019年9月~10月■調査方法:インターネット調査
■調査対象:直近90日以内に北米からアジア、ヨーロッパ方面の国際線の利用客
■回答者数:6,287人

総合的な顧客満足度に影響を与えるファクターを設定し、各ファクターの詳細評価項目に関するユーザーの評価を基に1,000ポイント満点で総合満足度スコアを算出。顧客満足度を構成するファクターは、総合満足度に対する影響度が大きい順に、「機内サービス」「運賃・手数料」「航空機」「乗務員」「チェックイン」「搭乗」「入国審査」「手荷物」「予約」となっている。

*本報道資料は、現地時間12月4日に米国で発表されたリリースを要約したものです。
原文リリースはこちら
https://www.jdpower.com/business/resource/airline-international-destination-study

*J.D. パワーが調査結果を公表する全ての調査は、J.D. パワーが第三者機関として自主企画し実施したものです。

【ご注意】本紙は報道用資料です。弊社の許可なく本資料に掲載されている情報や結果を広告や販促活動に転用することを禁じます

J.D. パワーについて:
J.D. パワー(本社:米国カリフォルニア州コスタメサ)は消費者のインサイト、アドバイザリーサービス、データ分析における国際的なマーケティングリサーチカンパニーです。企業の顧客満足度改善やパフォーマンス向上のソリューション提供のため、現在、北米、南米、アジアパシフィック、ヨーロッパでビジネスを展開しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:中南米に左派政権次々、コロナとインフレ契機

ワールド

焦点:中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と王室記者...メーガン妃は反対か

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 4

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏み…

  • 5

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 …

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 8

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく…

  • 9

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 10

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中