プレスリリース

『ゴジラxコング 新たなる帝国』公開記念限定版じゃこ天 2024年4月19日(金)から期間限定発売決定!

2024年04月18日(木)11時00分
有限会社安岡蒲鉾店(代表取締役:安岡 一、所在地:愛媛県宇和島市三間町中野中293番地)では、『ゴジラxコング 新たなる帝国』(4月26日公開)の公開に合わせて、映画限定パッケージのじゃこ天を、2024年4月19日(金)から「自社直営店」や「安岡蒲鉾オンラインショップ(ECサイト)」などで発売いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/392042/LL_img_392042_1.jpg
『ゴジラxコング 新たなる帝国』公開記念限定版じゃこ天

■ゴジラとコングの「共闘」をテーマに、絆で結ばれた愛媛と秋田の証をじゃこ天にしました
愛媛と秋田、両県の絆が深まった昨年の秋。その記憶を味わいに込め、愛媛と秋田の「共闘」を象徴する、特別なじゃこ天を『ゴジラxコング 新たなる帝国』の限定パッケージでお届けします。この限定版じゃこ天は、映画『ゴジラxコング 新たなる帝国』とのコラボレーションにより生まれ、愛媛と秋田の強固な絆を秋田県の形に具現化しています。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/392042/LL_img_392042_7.jpg
秋田県のじゃこ天
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/392042/LL_img_392042_3.jpg
秋田県の形をしたじゃこ天
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/392042/LL_img_392042_2.jpg
『ゴジラxコング 新たなる帝国』×『安岡蒲鉾』

■生魚をさばいて作る伝統の味
愛媛県で水揚げされる新鮮な「ホタルジャコ」などの小魚を骨と皮ごとすり身にした昔ながらのじゃこ天です。新鮮な魚を一匹一匹手作業でさばいて、昔ながらの石うす製法で仕上げています。魚を水洗い以降は水にさらすことが一切ありませんので水溶性たんぱくなどのうまみが流出することがありません。そのため栄養価が高くてとても美味です。一口かぶりつくと「ジャリ、ジャリ」とした食感があります。これは「ほたるじゃこ」を骨と皮ごとすり身にしているためです。
※宇和島じゃこ天は宇和島蒲鉾協同組合の地域団体商標です。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/392042/LL_img_392042_4.jpg
生魚をさばいて作る伝統の味

■安岡蒲鉾のおすすめの食べ方
フライパンや網を使って軽く炙ってから食べてください。炙ると、揚げたての香ばしさが再現されます。口の中に魚のうま味が広がり、潮の香りがほのかに残る感じです。大根おろしと醤油、ショウガ醤油、スダチなどをお好みで添えると更においしいです。小腹がすいた時のおやつにも、酒の肴にもぴったりです。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/392042/LL_img_392042_5.jpg
おすすめの食べ方

■商品概要
商品名 :秋田県のじゃこ天『ゴジラxコング 新たなる帝国』公開記念限定版
販売価格:税込680円
内容量 :3枚
販売期間:2024年4月19日(金)~5月31日(金)

■特設サイト
URL: https://yasuokakamaboko.co.jp/content/2404godzilla

■購入できる場所
<安岡蒲鉾 直営店>
安岡蒲鉾 本社工場、道の駅みま店、かけはし松山店(JR松山駅構内)

<愛媛県のアンテナショップ>
せとうち旬彩館(東京都新橋)

<安岡蒲鉾 オンラインショップ>
URL: https://www.yasuokakamaboko.com/


■安岡蒲鉾について
愛媛県宇和島市に本社を構え昭和27年の創業以来、宇和海近海で水揚げされる「ほたるじゃこ」や「えそ」を原料にじゃこ天、かまぼこ等の魚肉ねり製品を製造販売しております。
創業以来、原料の魚や製造方法にこだわり、朝早くから魚を見つめ、素材を吟味し、変わらず手作業で一匹一匹、魚の頭を落とすことから作っています。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/392042/LL_img_392042_6.jpg
安岡蒲鉾 工場外観

■【公開映画情報】『ゴジラxコング 新たなる帝国』
画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/392042/LL_img_392042_8.jpg
『ゴジラxコング 新たなる帝国』
2023年11月3日(金・祝)には日本で製作されたゴジラ映画の記念すべき30作品目となる山崎貴監督作品『ゴジラ-1.0』が公開され、興行収入60億円を突破。その勢いは国内にとどまることなく、北米で邦画実写映画の新記録を打ち立てるのみならず、「第96回 アカデミー賞」で日本映画初となる「視覚効果賞」を受賞するなど、世界各地で今もなお話題沸騰中です。

そして時は2024年。<ゴジラ70周年×「モンスター・ヴァース」シリーズ10周年>という史上初のビッグアニバーサリーイヤーを迎え、世界各地で"ゴジラ旋風"が巻き起こる中ついに、全世界待望、「モンスター・ヴァース」シリーズ最新作にして超大作、『ゴジラxコング 新たなる帝国』が4月26日(金)に日本公開!

怪獣と人類が共生する世界で、未確認生物特務機関:モナークが察知した異常なシグナル。
交錯する<地上世界/ゴジラテリトリー>と<地下空洞/コングテリトリー>。

ついに一線を越える<王/ゴジラ>と<王/コング>の激突のその先には、我々人類が知る由もなかった未知なる脅威が待ち構えていた。「vs」ではなく「x」、そして[新たなる帝国]が意味するものとは?世界は今、目撃する──。

公開日 : 2024年4月26日(金)
公式HP : https://godzilla-movie.jp/
公式X : https://twitter.com/GodzillaMovieJP
コピーライト: (C) 2024 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ICC、ネタニヤフ氏とハマス幹部の逮捕状請求 米な

ビジネス

FRB副議長、インフレ低下持続か「判断は尚早」 慎

ワールド

英裁判所、アサンジ被告の不服申し立て認める 米への

ワールド

ウクライナ、北東部国境の町の6割を死守 激しい市街
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 2

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 7

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 8

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 9

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 10

    「親ロシア派」フィツォ首相の銃撃犯は「親ロシア派…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた異常」...「極めて重要な発見」とは?

  • 4

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 5

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 6

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 9

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 10

    プーチン5期目はデフォルト前夜?......ロシアの歴史…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中