プレスリリース

笹屋昌園、12/2(土)に「笹屋昌園 八坂祇園店」をオープン。上生菓子をその場で堪能できる同社初・イートインコーナーを併設

2023年12月02日(土)10時00分
大正7年より営む和菓子の老舗、株式会社笹屋昌園(読み:ささやしょうえん、所在地:京都府京都市、代表者:中西 喜満)は、2023年12月2日(土)に「笹屋昌園 八坂祇園店」をオープン。
大人気の本わらび餅をはじめ、季節の上生菓子、和菓子の可能性を広げる八坂祇園店限定の3種のどら焼きなどがイートインで楽しめる複合店となります。


大正7年より和菓子の製造・販売事業を手掛ける株式会社笹屋昌園(読み:ささやしょうえん、所在地:京都府京都市、代表者:中西 喜満)は、上生菓子をイートインで楽しめる12/2(土)に「笹屋昌園 八坂祇園店」をオープンいたします。
既存店舗である「笹屋昌園CAFE&ATELIER」に加え、物販だけでなく伝統的な和菓子・お茶をゆっくり味わえる複合店を展開。上生菓子をイートインでお楽しみいただける店舗は八坂祇園店が初となります。

<店舗イメージ>
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/377939/LL_img_377939_1.png
店舗外観
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/377939/LL_img_377939_2.jpg
店舗内観1(簡易イートイン)
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/377939/LL_img_377939_3.jpg
店舗内観2
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/377939/LL_img_377939_4.jpg
店舗内観3(イートイン)

【笹屋昌園 八坂祇園店 概要】
営業時間:10:00~19:00
定休日 :不定休
所在地 :〒605-0073 京都府京都市東山区祇園町北側287
電話番号:075-746-4010


【商品一例】
*上生菓子
春夏秋冬の風物を見立てた上生菓子。
風の匂い、ぬくもり、花や樹木の色、香りなどを、職人の感性と技で作り上げました。
季節を物語る笹屋昌園の上生菓子を手にとって感じてくださいませ。
画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/377939/LL_img_377939_5.jpg
季節の上生菓子
画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/377939/LL_img_377939_6.jpg
季節の上生菓子2

*生どら焼き
八坂店限定のメニューです。
昔ながらの和菓子をモダンにアップデートしました。
老舗ならではの、和菓子の枠を超えた新しい挑戦で和菓子の可能性を広げる一品です。
お味は、いちご餅生どら焼き・栗モンブラン生どら焼き・抹茶クリーム生どら焼きの3種からお選びいただけます。
画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/377939/LL_img_377939_7.jpeg
抹茶クリーム生どら焼き

★抹茶クリーム
単品 860円(税込み)
セット(イートイン) 1,480円(税込み)

画像8: https://www.atpress.ne.jp/releases/377939/LL_img_377939_8.jpg
栗モンブラン生どら焼き

★栗モンブラン
単品 820円(税込み)
セット(イートイン) 1,380円(税込み)

*本わらび餅
希少な原材料である国産最高級の本蕨粉をふんだんに使用した、全て職人の手作りによる本わらび餅。
熟練の菓子職人が練り上げる「本練り」という技法により、柔らかさと弾力を併せ持った食感を生み出しています。
わらび餅はイートイン・お持ち帰り用商品どちらもございます。
画像9: https://www.atpress.ne.jp/releases/377939/LL_img_377939_9.jpg
不動の人気を誇る自慢の本わらび餅

★本わらび餅 極み
(イートイン)1,480円(税込み)


【上生菓子のお求めについて】
店頭での購入...八坂店のみ※数量限定
(生どら焼きは八坂店限定メニューとなります)


【笹屋昌園について】
画像10: https://www.atpress.ne.jp/releases/377939/LL_img_377939_10.png
大正七年創業、京菓子 笹屋昌園。

澄んだ空気、恵まれた土地、豊かな水に囲まれ
手間暇を惜しまず、
和菓子に向き合い続けてきました。

「誠実職人主義」
選び抜かれた至高の材料、
安全、安心であるための自然由来。
手仕事に込めた想いをお楽しみください。


【事業者情報】
事業者名 :株式会社笹屋昌園
代表者 :中西 喜満
本社所在地:〒616-8015 京都市右京区谷口園町3-11
創業年 :大正7年
店舗 :笹屋昌園CAFE&ATELIER、笹屋昌園 八坂祇園店

公式Webサイト https://sasayasyoen.jp/
Instagram(@sasayasyoen)
https://www.bing.com/ck/a?!&&p=e013846c43d753b0JmltdHM9MTcwMTMwMjQwMCZpZ3VpZD0wNzMxM2FiMC1mZmZlLTY2NmUtMDA2Zi0yOWRhZmU0YjY3ZTImaW5zaWQ9NTIxOQ&ptn=3&ver=2&hsh=3&fclid=07313ab0-fffe-666e-006f-29dafe4b67e2&psq=%e7%ac%b9%e5%b1%8b%e6%98%8c%e5%9c%92%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%82%bf&u=a1aHR0cHM6Ly93d3cuaW5zdGFncmFtLmNvbS9zYXNheWFzeW9lbi8&ntb=1


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ侵攻が3年目突入、甚大な犠牲と細る国際的

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な

ワールド

アングル:経済危機のスリランカから医師流出止まらず
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 6

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 7

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中