Picture Power

世界報道写真コンテスト 「ガザの葬列」が大賞に

2013 World Press Photo Contest

Photographs by Courtesy of World Press Photo

世界報道写真コンテスト 「ガザの葬列」が大賞に

2013 World Press Photo Contest

Photographs by Courtesy of World Press Photo

大賞:イスラエル軍のミサイル攻撃で命を奪われた3才と2才の幼い兄妹の亡骸を叔父たちが抱え、埋葬式を行うモスクへ向かう。子供たちの父親の遺体は後方に続き、母親は集中治療室に入れられた(ガザ、パレスチナ自治区 2012年11月20日)Paul Hansen, Sweden, Dagens Nyheter

 2月15日、世界報道写真(World Press Photo)財団(本部・オランダ)が選ぶ第56回世界報道写真賞の各賞が発表になった。

 大賞は、昨年11月イスラエル軍のミサイル攻撃により亡くなった子供たちとその父親の埋葬式に向かう人々の姿を捉えたスウェーデンのポール・ハンセンが受賞した。審査員の一人マユ・モアナ(写真家/キュレーター)は「大人たちの怒りや悲しみと、殺された子供たちの純真さの対比が、この写真の力強さを生んでいる。私にとって忘れ得ぬ1枚となった」と語った。

 また、審査員長を務めたサンチアゴ・ライオン(AP通信副社長/フォトディレクター)は「世界報道写真コンテストの審査員長として結果を統括すると、大賞作品だけでなく授賞作すべてが確かな完成度を持っており、一流のフォトジャーナリズムとして力強く普遍的な価値と、見る者の心を揺さぶる素晴らしさを備えていた」と言う。

 毎年行われる世界最大級の報道写真コンテストで、124カ国の写真家5.666人から103.481点の作品が寄せられた。8作品が受賞したAP通信の健闘が目立った。

関連リンク:
 世界報道写真(World Press Photo)財団

 関連記事:
世界報道写真コンテスト 大賞は「アラブの春」から
世界報道写真コンテスト 大賞は「鼻と耳を削がれた女性」
世界報道写真大賞を狙え---コンテスト直前ゼミ
世界報道写真コンテスト 「抗議の叫び」が大賞に
世界報道写真コンテスト:審査の裏側

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 6

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 8

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    ゴーン「逮捕翌日、フランス大使から日産の陰謀を知…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは大荒れの予感

  • 4

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 5

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 6

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!