ニュース速報

ワールド

EU、サル痘ワクチン少量接種法を勧告の可能性 供給不足で

2022年08月20日(土)05時52分

欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は19日、サル痘向けワクチンの供給不足を踏まえた一時的措置として、通常よりも少量のワクチンを接種する方法を勧告する可能性があると明らかにした。(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

(文章中の誤字を修正します。)

[ロンドン 19日 ロイター] - 欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は19日、サル痘向けワクチンの供給不足を踏まえた一時的措置として、通常よりも少量のワクチンを接種する方法を勧告する可能性があると明らかにした。

サル痘向けワクチンでは皮下注射が認められているものの、EMAによると、より浅い部分に少量のワクチンを投与する皮内注射であれば、ワクチンバイアル1本を1回の接種でなく、最大5回まで使用できる。また、約500人の成人を対象とした研究では、5分の1の量での皮内注射でも通常の皮下注射と同等の効果を得られたという。

ワクチン供給不足に直面する中、より多くの人がワクチン接種を受けられるよう、英国やカナダ、ドイツでは通常の2回接種を1回に減らして対応しているという。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング