ニュース速報

ワールド

独「緑の党」ベーアボック氏、首相候補に 変化を約束

2021年04月20日(火)00時39分

ドイツの環境政党「緑の党」のアンナレーナ・ベーアボック共同党首(40)は19日、9月の連邦議会選挙(総選挙)で首相候補として出馬すると表明した。写真はベーアボック氏。2019年11月撮影(2021年 ロイター/Leon Kuegeler)

[ベルリン 19日 ロイター] - ドイツの環境政党「緑の党」のアンナレーナ・ベーアボック共同党首(40)は19日、9月の連邦議会選挙(総選挙)で首相候補として出馬すると表明した。40年前に緑の党が発足して以来、初めて同党が首相ポストを狙う機会となる。

緑の党の支持率はここ1年間で上向いている。ベーアボック氏は、自身が首相となった際にドイツが「新たなスタート」を切ると約束。教育とデジタル技術、環境技術への投資に注力すると述べた。

メルケル首相の保守党への不満が募る中、緑の党の存在感は増しているものの、アナリストは緑の党が圧勝する見込みは低いと言う。ドイツ政権を16年間担ってきたキリスト教民主同盟(CDU)と、キリスト教社会同盟(CSU)の連立政権は内部で対立している兆しがあるが、支持率は依然として緑の党を約5ポイント上回っている。

ベーアボック氏は自信の経験不足が不安視されていることについて「民主主義は変化で成り立っている。確かに首相や大臣になったことはないが、私は再生を支持する。ほかは現状維持派だ」と語り、不安を和らげようとした。

ロベルト・ハベック共同党首が19日、ベーアボック氏を首相候補にすると正式に発表した。対する保守党内ではCDUのラシェット党首とCSUのゼーダー党首が依然として次期首相候補の立場を巡り争うなど、対照的となっている。

緑の党は中道左派のドイツ社会民主党(SPD)や自由民主党(FDP)と連立政権を組む可能性もある。調査機関フォルサによるとSPDの支持率は15%、FDPは9%。SPDや極左の左派党(リンケ)との連立もあり得る。ただ現在の支持率を踏まえると、緑の党はメルケル氏率いる保守連合と組む可能性の方が高い。

SPDの次期首相候補であるショルツ財務相はベーアボック氏の選出を祝福。ツイッターで「楽しく公平な競争を期待している」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米上院民主党、半導体生産・研究強化法案を公表 52

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、指数寄与度が大きい銘柄が

ワールド

フィリピン大統領、南シナ海情勢で閣僚にかん口令

ビジネス

ソフトバンクGが総額4050億円のハイブリッド社債

MAGAZINE

特集:若返りの最新科学

2021年5月25日号(5/18発売)

老化は止められる? 治療の「秘薬」を探す研究に巨額マネーが流入するシリコンバレーの最前線

人気ランキング

  • 1

    「釣り禁止」 今年も恒例、カリフォルニア41郡で緊急事態発令

  • 2

    池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

  • 3

    医師が「空間除菌グッズは使うな」と警告する理由 気休めにしては危険すぎる

  • 4

    ミャンマー、地元武装勢力が撤退 国軍との戦闘激化

  • 5

    アストラゼネカ製ワクチンで健康な40代男性が血栓を…

  • 6

    「武漢株がハイエナならインド変異株は最速チーター…

  • 7

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 8

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 9

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 10

    米アジア系収入、白人平均を上回る トップはインド…

  • 1

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 2

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」 欧州選手団がマジギレの東京五輪プレ大会

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ヘンリー王子は「洗脳されている」「王室はもう彼を…

  • 7

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 8

    池江選手に五輪辞退をお願いするのは酷くない

  • 9

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

  • 10

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メ…

  • 5

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 6

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 7

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 8

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 9

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 10

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中