ニュース速報

ワールド

バイデン米大統領、半導体の国内生産加速へ370億ドルの財源確保へ

2021年02月25日(木)12時38分

 2月24日、バイデン米大統領は、半導体や電気自動車向けの電池などの調達体制を再構築するための大統領令に署名した。政権当局者らが明らかにした(2021年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 24日 ロイター] - バイデン米大統領は24日、半導体の国内生産を加速させるための財源として370億ドルの確保を目指す考えを示した。半導体不足は国内の自動車生産ラインを休止に追い込んでいる。

また政権当局者によると、大統領は半導体や電気自動車(EV)向けの電池などの調達体制を再構築するための大統領令に署名した。

半導体不足を巡っては、24日にホワイトハウスでの大統領と超党派グループの会合でも議題となった。

バイデン氏は「半導体不足を解決するため、政権高官らに業界幹部と協力するよう指示した」とし「議会は法案を承認しているが、(半導体の)そうした生産能力を確保するには370億ドルが必要だ。これについても推進する」と語った。

バイデン氏は2021年の国防権限法(NDAA)に盛り込まれている半導体の生産能力拡大を目指す措置に言及したとみられる。同措置は財源を確保するのに別の予算割り当てプロセスが必要となる。

バイデン氏が署名した大統領令は、半導体、EV向けの電池、レアアース(希土類)、医薬品の4品目のサプライチェーン(供給網)について、ただちに100日間の審査を指示。さらに防衛、公衆衛生、通信技術、輸送、エネルギー、食品生産の6分野について調査も命じる。

米国では、新型コロナウイルスの流行を機に、マスクなどの医療用防具が不足。また世界的な車載用半導体不足で、国内の自動車生産ラインが休止する事態になっている。

政権高官は「ただ報告を指示するのでない。問題点を特定し、それに対処する行動計画を立てるつもりだ」と述べた。

大統領令は、特定の製品についてサプライチェーンの中国への依存を減らすことも狙っている。

自動車大手フォード・モーターは24日、バイデン氏の計画を歓迎。発表文書で「(半導体)不足問題の早期解決に努めることが、われわれの従業員、顧客、事業にとって極めて重要だ」とした。

米半導体工業会(SIA)によると、米半導体メーカーは世界販売の47%を占めるが、生産については大部分を海外に外注しているため、世界のわずか12%にとどまる。1990年には世界の生産の37%を占めていた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

インテル、第2四半期利益見通しが市場予想下回る 株

ワールド

イラン、60%濃縮ウラン製造の遠心分離機を削減=I

ビジネス

米、温室ガス30年に半減へ 中国は石炭減 気候変動

ビジネス

運転席無人のテスラ車事故、なお情報収集中=運輸長官

MAGAZINE

特集:歴史に学ぶ 感染症の終わり方

2021年4月27日号(4/20発売)

ペストやスペイン風邪など人類が過去に直面した疫病はどのような経過を経て収束したのか

人気ランキング

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 3

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカの「頭の固い」ファンを黙らせた

  • 4

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 5

    時価総額はついに1兆ドル! ビットコインのすさまじ…

  • 6

    子どもの自己肯定感を高める、あるアイテムと深い理由

  • 7

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 8

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

  • 9

    【動画】旅客機の空中「チキンレース」

  • 10

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 3

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚くべき生態明らかに

  • 4

    謎の未確認航空現象をとらえた動画が流出し、国防総…

  • 5

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 6

    大谷翔平は既にメジャー100年の歴史を覆し、アメリカ…

  • 7

    女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

  • 8

    世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

  • 9

    史上初、ヒトとサルのハイブリッドの初期胚を培養 …

  • 10

    原発処理水の海洋放出「トリチウム水だから安全」の…

  • 1

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 2

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 6

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 7

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中