ニュース速報

ワールド

米軍統合参謀本部が議事堂乱入を非難、異例の兵士向け共同文書で

2021年01月13日(水)09時02分

 米軍の統合参謀本部は1月12日、先週のトランプ大統領支持者による連邦議会議事堂乱入は米国の憲法手続きに対する直接的攻撃で、法に違反していると非難した。写真はミリー統合参謀本部議長、2020年9月にバージニア州で撮影(2021年 ロイター/Erin Scott)

[ワシントン 12日 ロイター] - 米軍の統合参謀本部は12日、兵士向けの内部文書で、先週のトランプ大統領支持者による連邦議会議事堂乱入は米国の憲法手続きに対する直接的攻撃で、法に違反していると非難した。

陸海空など各部門の長と軍制服組トップにあたる議長および副議長の8人で構成する統合参謀本部が兵士向けに共同メッセージを出すのは異例。ミラー国防長官代行を含む複数の閣僚は議事堂乱入を非難したが、ミリー統合参謀本部議長はこれまで沈黙を守っていた。

統合参謀本部は「6日のワシントンでの激しい暴動は米議会、議事堂、米国の憲法手続きに対する直接的な攻撃だった」とし、軍は憲法を守ることに引き続きコミットしていると続けた。

「言論と集会の自由への権利は暴力や扇動、反乱に訴える権利を誰にも与えていない」と強調した。ロイターが文書を確認した。

バイデン次期大統領が20日に就任して最高司令官になると指摘し、「憲法手続きを妨害する行為はわれわれの伝統、価値、宣誓に反するだけでなく、法に違反している」と断じた。

政府当局者らによると、ミリー氏は政治への介入を避けるためにこれまで議事堂乱入についてコメントしていなかった。

暴動以降、白人男性が兵士の大半を占める米軍内の過激思想についても懸念が強まっている。

陸軍は12日、ロイターに対し、議事堂の襲撃者に現役兵士が含まれていなかったかどうかを確認する作業を連邦捜査局(FBI)とともに行っていると明らかにした。また、バイデン氏の就任式に向けてワシントンの警備に派遣された1万人近い州兵について、追加審査が必要かどうかについても要人警護を担うシークレットサービスと話し合っているとした。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

情報BOX:イエレン氏が表明した税制・通商などの方

ビジネス

午後3時のドルは103円半ば、原油安で資源国通貨の

ビジネス

ファーウェイから分離の低価格スマホ、大手半導体メー

ワールド

中止や延期の話ない、抗議を出すべき=五輪中止報道で

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り…

  • 5

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 6

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 7

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 8

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 9

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身…

  • 10

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!