ニュース速報

ワールド

トランプ氏、医療保険・薬価巡り大統領令に署名 効力に疑問符も

2020年09月25日(金)11時23分

トランプ米大統領は24日、医療保険および処方薬に関する2つの大統領令に署名した。11月3日の大統領選を前に大きな争点の1つである医療保険・薬価の問題で有権者にアピールする狙いがある。ただ、法律専門家は法的効力はほとんどないと指摘する。 写真は24日、米ノースカロライナ州シャーロットでヘルスケアについて語るトランプ大統領。(2020年 ロイター/Tom Brenner)

[シャーロット(米ノースカロライナ州) 24日 ロイター] - トランプ米大統領は24日、医療保険および処方薬に関する2つの大統領令に署名した。11月3日の大統領選を前に大きな争点の1つである医療保険・薬価の問題で有権者にアピールする狙いがある。ただ、法律専門家は法的効力はほとんどないと指摘する。

トランプ氏はノースカロライナ州シャーロットの空港の航空機格納庫で医療従事者を含む観衆を前に、自らの「米国第一ヘルスケアプラン」を実現するための大統領令に署名。

「私の計画の下、メディケア(高齢者向け公的医療保険)の加入者3300万人が近く、処方薬の支払いで使える200ドルが入ったカードを郵便で受け取ることになる」と表明。

トランプ政権はまた、各州や米領土が価格が低めの処方薬をカナダから輸入することを可能にする新たなルールも打ち出した。

トランプ氏は、前週署名した、メディケアで支払われる処方薬の価格を他の先進国の公的保険で支払われる最も低い価格水準に抑える内容の大統領令によって薬価の一段の値下げが見込まれると述べた。製薬会社や専門家はこの大統領令に対して訴訟が提起された場合に有効性を証明できるかどうかについて懐疑的だ。[nL4N2GB039]

アザー厚生長官は記者団に、新たに署名された大統領令の1つは、既往症を持つ人が医療保険に加入する権利を保護する内容だと説明。同権利は前政権の医療保険制度改革法(オバマケア)によっても保護されているが、トランプ政権はオバマケア廃止を目指している。

アザー氏はまた、2つ目の大統領令を通じて、国民が意図せず保険でカバーされない診察を受け、想定外に高額の医療費請求を受け取る状況をなくす法案を議会と協力して来年初めまでに成立させるよう指示を受けたと明らかにした。法案の形で実現できない場合は、行政措置を検討するという。

民主党のペロシ下院議長はトランプ氏の取り組みは「いんちき」だと批判し、新型コロナウイルス流行を踏まえてオバマケア無効化を求める訴訟を撤回するよう求めた。トランプ政権は6月に最高裁に対し、オバマケア無効化を申し立てた。

一方、ミシガン大学法学部の教授であるニコラス・バグリー氏は今回の大統領令について、「問題となっている行為を禁止する法律が存在するか、大統領が議会の委任によって権限を行使しているのでない限り、大統領の文書はツイートぐらいの法的効力しかない」と指摘した。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米ルイジアナ州政府庁舎にサイバー攻撃、大統領選控え

ビジネス

焦点:バイデン氏、コロナ対策中は「野心的経済政策」

ワールド

南米チリ、憲法改正の是非を問う国民投票 77%が改

ワールド

焦点:ラストベルトもトランプ離れ、コロナ失政批判で

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送りに

  • 4

    中国はトランプ再選を願っている

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    欧州コロナ第2波が深刻化 オランダは医療逼迫で患者…

  • 7

    中国政府のウイグル人弾圧をめぐって、国連で再び各…

  • 8

    イタリア政府、ファーウェイと国内通信企業との5G…

  • 9

    「トランプの再選確率、討論会後に小幅上昇」英ブック…

  • 10

    アフターピル市販で「性が乱れる」と叫ぶ人の勘違い …

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 4

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 7

    菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与…

  • 8

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 9

    新型コロナ、スウェーデンは高齢者を犠牲にしたのか

  • 10

    対中デフォルト危機のアフリカ諸国は中国の属国にな…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!