ニュース速報

ワールド

中国の上期の米国産エネルギー輸入、目標の5%どまり

2020年08月04日(火)18時54分

 中国が今年上半期に購入した米国産エネルギー商品は、1月に成立した米中の第1段階通商合意の通年目標(253億ドル)の5%にとどまった。写真は上海の港湾施設で2019年8月撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[北京/シンガポール 4日 ロイター] - 中国が今年上半期に購入した米国産エネルギー商品は、1月に成立した米中の第1段階通商合意の通年目標(253億ドル)の5%にとどまった。

ロイターが中国税関のデータを基に算出したところによると、中国が今年上半期に米国から輸入した原油、液化天然ガス(LNG)、冶金用石炭などは総額12億9000万ドル。

米国からの輸入ペースは最近加速しているものの、アナリストはエネルギー価格の低迷や米中関係の悪化を背景に、通年目標を達成できない可能性があると指摘している。

オックスフォード・エネルギー研究所のディレクター、マイケル・メイダン氏は「第1段階の目標はあまりにも野心的すぎた。目標を達成できない公算が大きい」とした上で、中国は誠意を示すため、輸入を増やすだろうとの見方を示した。

米中関係は新型コロナウイルスの流行などを背景に急激に悪化しているが、通商合意の目標を達成できなければ、関係が一段と悪化する可能性がある。

<原油>

米国産原油の輸入は、第1段階の通商合意の目玉になるとみられていた。

だが、新型コロナの流行に伴う燃料需要の激減と貨物運賃の急騰を受けて、米国産原油は、中国の製油業者にとって相対的に割高となった。

中国の今年上半期の米国産原油の輸入はわずか日量4万5603バレル。前年同期は日量8万5453バレルだった。

コンサルティング会社ウッドマッケンジーのリサーチ・ディレクター、スシャント・グプタ氏は、通商合意の目標を達成するには今年と来年、日量150万バレルの米国産原油を輸入する必要があると推計。

従来の推計では日量約100万バレルだったが、原油価格の下落を受けて推計値を上方修正した。

中国の製油業者は、米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物価格が4月にマイナスになったことを受けて、米国産原油の購入を増やした。

リフィニティブのアナリスト、エマ・リー氏によると、7月の中国の米国産原油の輸入は日量94万バレル前後。8月は平均で日量101万バレルと、過去最高になる見通し。

ただ、精製マージンの低下と在庫拡大で第3・四半期中に輸入ペースが鈍るとみられている。

<LNGと石炭>

中国の今年上半期の米国産LNG輸入量は前年比で3倍以上の87万8754トンに達した。

だが、LNG価格の下落により、金額ベースでは前年比で2倍の増加にとどまった。エネルギー価格が低迷する中、金額ベースで高い目標を掲げたことが裏目に出たといえる。

冶金用石炭も同じ問題を抱えている。

北京のコンサルティング会社SIAエナジーのLi Yao最高経営責任者(CEO)は「政治的なリスクと強い不透明感が、中国の長期の石油・ガス購入を妨げる要因となっている」と指摘した。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

国連事務総長、新型コロナワクチン開発への資金援助を

ワールド

豪ビクトリア州、コロナ死者800人 感染は下火に

ビジネス

東証、全銘柄の売買を終日停止 売買システムの設備故

ワールド

米大統領選、討論会受けバイデン陣営と民主党に選挙資

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった?…

  • 9

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 10

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!