ニュース速報

ワールド

アングル:米弾劾公聴会、今週TV中継へ 両党攻防の争点は

2019年11月13日(水)07時59分

11月8日、トランプ米大統領のウクライナ疑惑を巡る下院の弾劾調査は、13日と15日の公聴会がテレビ中継され、これまで非公開だった証言の様子が衆目にさらされる。ワシントンの下院内にある公聴会の会場で6日撮影(2019年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 8日 ロイター] - トランプ米大統領のウクライナ疑惑を巡る下院の弾劾調査は、13日と15日の公聴会がテレビ中継され、これまで非公開だった証言の様子が衆目にさらされる。下院情報委員会のアダム・シフ委員長(民主党)は「米国民が自分自身で証言について判断する機会になる」と述べた。

今回のTV中継公聴会の主な論点をまとめた。

<民主党の狙い>

トランプ氏には職権を乱用し、ウクライナに対して、来年の米大統領選で民主党の候補となっているバイデン前副大統領の息子が関与した汚職の疑いを調査するよう圧力を掛けたとの疑惑がある。民主党はTV中継公聴会を通じて、この疑惑を裏付ける証言を公にし、大統領弾劾に向けて国民から幅広い支持を獲得したい考えだ。

民主党は、トランプ政権がウクライナに首脳会談の可能性をちらつかせてトランプ氏の要求に応じさせようとしたことを裏付ける証拠を手に入れたいと考えている。同政権の高官がウクライナへの軍事支援を遅らせ、トランプ氏の私的弁護士ジュリアーニ元ニューヨーク市長の手を借りた経緯も取りざたされている。

トランプ氏は疑惑を全面否定している。

<民主党の戦略>

民主党はトランプ氏とジュリアーニ氏に関して既に非公開の場で証言している証人の外交官3人を召喚した。質問するのは下院情報委員会のシフ委員長とデビン・ニューネス委員(共和党)を含む議員や委員会スタッフの弁護士ら。

民主党は証人3人に対して、トランプ氏とゼレンスキー大統領が電話で会談した7月25日前後の出来事について見解を尋ねる。

ホワイトハウスが公表した簡単な電話会談記録によると、トランプ氏はゼレンスキー氏に対して、来年の米大統領選で民主党の候補となっているバイデン前副大統領を巡る醜聞などについて調査するよう求めた。

民主党はトランプ氏が一部証人の公聴会への出席を妨げたり、調査への協力を拒否するなど司法妨害を行った点についても今回の公聴会で明らかにしようとする見通しだ。

<証言を行う証人>

証人3人のうち最も重要度が高いとみられるのがウィリアム・テーラー駐ウクライナ代理大使。テーラー氏は政治的な理由からウクライナ向けの軍事支援や首脳会談が遅らされたことに驚愕した。下院調査委が公表した文書によると、テーラーは今年初め「政治運動に絡んで安全保障上の支援を保留するのは常軌を逸している」と書いた。テーラー氏は13日に証言する。

ジョージ・ケント国務次官補代理も13日に証言する。ケント氏は非公開の証言で、ジュリアーニ元市長などがウクライナにトランプ氏の要求を飲ませようと圧力を掛けていることに危機感を持ったと述べた。

マリー・ヨバノビッチ元駐ウクライナ大使は15日に証言する。ヨバノビッチ氏はジュリアーニ元市長に攻撃された後、ポストを追われたと述べている。

民主党が追加の証人を発表する可能性もある。

共和党は独自に証人の召喚を求める意向で、ウクライナを巡るトランプ氏の対応に不満を抱いて内部告発し、弾劾調査のきっかけとなった政府当局者などが対象になりそうだ。

民主党は共和党の証人召喚要請に対して拒否権を発動できる。

<共和党の対応>

共和党は民主党が主導する弾劾調査は党派行動だと主張しており、証言そのものに疑義を生じさせ、証人から民主党の狙いとは異なるストーリーを引き出そうとするだろう。

共和党は8日、TV中継公聴会に備えて強力なトランプ支持派の1人であるジム・ジョーダン下院議員を下院調査委に異動すると発表した。

共和党は既に民主党が召喚した証人に対する攻撃を展開しており、ヨバノビッチ氏の駐ウクライナ大使罷免は枝葉の問題であり、重大な事柄に関する他の証人の証言内容は概ね何人もの人を挟んだ伝聞にすぎないと主張している。

また共和党は、ウクライナ当局者は7月にトランプ氏から協力を求められるまで3億9100万ドルの軍事援助の実施が遅らされていることを知ることもなく、圧力を感じていなかったとの論陣も張る見通しだ。

共和党は、ウクライナ側はトランプ氏が求めた調査を発表せず、ゼレンスキー大統領はトランプ氏からの圧力を感じなかったと述べている、とも主張している。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米中が「第1段階」通商合意、関税発動猶予 米農産物

ワールド

米中の「第2段階」通商合意、複数回に分割も=米財務

ワールド

北朝鮮、衛星発射場で再び実験 米に対抗し「新兵器開

ワールド

特別リポート:ロイターの香港報道を制限、リフィニテ

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

  • 2

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

  • 3

    サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存していたことが明らかに

  • 4

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 5

    意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

  • 6

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

  • 7

    習近平を国賓として招聘すべきではない――尖閣諸島問題

  • 8

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 9

    離脱強硬派ジョンソン勝利でイギリス「連合王国」解…

  • 10

    英総選挙、どっちつかずより「とっとと離脱」を選ん…

  • 1

    熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

  • 2

    インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

  • 3

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

  • 6

    中国で焚書令、文化大革命の再来か

  • 7

    カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ…

  • 8

    東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

  • 9

    トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

  • 10

    キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だった…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 9

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
ニューズウィーク試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!