ニュース速報

ワールド

アングル:英首相が12月総選挙を提案、実現へのシナリオは

2019年10月26日(土)08時23分

10月24日、ジョンソン英首相(写真)は英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る議会のこう着状態を打破するため、総選挙の前倒しを提案した。ロンドンの首相官邸前で23日撮影(2019年 ロイター/Toby Melville)

[ロンドン 24日 ロイター] - ジョンソン英首相は24日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る議会のこう着状態を打破するため、総選挙の前倒しを提案した。

ジョンソン氏は、28日に議会で12月12日の選挙実施を求める動議を出すと表明。同氏が総選挙前倒しを提案するのは3回目となる。過去2回の提案は議会で否決された。まずは合意なしのブレグジットを避ける道を確保したいとの反対論が優勢だったためだ。

英国では総選挙は5年ごとに行う規定だが、条件次第では前倒しも認められている。予定通りなら選挙は2022年。具体的にどのような場合に前倒しができるのか。

<3分の2の賛成>

議会下院定数(650人)の3分の2に当たる434人が賛成すれば、総選挙の前倒しが可能だ。政府も来週、この方法を採ろうとしている。

ジョンソン氏が9月に行った2回の提案には、十分な支持が集まらなかった。9月4日は賛成が298人(反対56人)、その5日後は賛成293人(反対46人)だった。

<シンプルな法案>

ジョンソン氏には、3分の2の確保という制約を擦り抜ける道もある。議会がどこか特定の日に選挙を行うと布告するというシンプルな法案を提出すれば、下院の単純過半数の賛成で可決できる。

ただこの手続きには問題がある。例えば野党側は恐らく選挙権年齢の引き下げを通じて法案の修正を目指す意向を示唆している。

<内閣不信任>

下院でジョンソン内閣不信任案が提出され、単純過半数の賛成で可決されれば、選挙への扉が開く。不信任案成立後、14日以内に誰かが過半数の信任を得て新政権を樹立できなかった場合、選挙に突入する。

もっともジョンソン氏自身が総選挙を訴えている以上、不信任案成立による選挙という流れは予想されない。

<投票日を誰が決めるか>

ジョンソン氏だ。選挙が決まってから投票までに最低限の日数を設けることは法律で義務付けられているが、最長でいつまでに投票日を定めるかの規定は存在しない。

<具体的な規定は>

選挙の正式決定から投票日までは、土日を除いて最低25日の期間が必要になる。投票日は伝統的に木曜日とされてきた。

<前倒し選挙へのハードルは>

ジョンソン氏は、前倒し選挙に向けて超党派の支持を得なければならない。だが最大野党の労働党はこれまで、合意なきブレグジットのリスクがあるうちは選挙を支持しないという方針だ。たとえ労働党のコービン党首が選挙に賛成しても、議席を失うことを恐れる一部の議員が造反して前倒し選挙の動議に反対する恐れがある。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

英政府、飲食店の需要喚起にキャンペーン 8月開始

ビジネス

米ウォルマート、医療保険事業に進出

ワールド

原油先物、強弱入り混じった材料でほぼ横ばい

ワールド

米国のコロナ感染者、8日に5.9万人超増加 過去最

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!