ニュース速報

ワールド

焦点:米中間選挙で「トランプ化」進む共和党、移民攻撃に同調

2018年11月04日(日)11時04分

 10月29日、米中間選挙を控えた共和党のテッド・クルーズ上院議員らは今月、多くの党関係者と同じ教訓を学んだ。それは、どのような形であれ「ドナルド・トランプ」の影から逃げるのは難しい、ということだ。写真はトランプ大統領。フロリダ州で31日撮影(2018年 ロイター/Carlos Barria)

James Oliphant

[ワシントン 29日 ロイター] - 11月の米中間選挙を控えた共和党のテッド・クルーズ上院議員とウィスコンシン州のスコット・ウォーカー知事は今月、多くの党関係者と同じ教訓を学んだ。それは、どのような形であれ「ドナルド・トランプ」の影から逃げるのは難しい、ということだ。

クルーズ、ウォーカー両氏は、2016年の米大統領選でトランプ氏と党候補指名を争った人物であり、これまで大統領とはほぼ無関係に、それぞれ自らの再選を目指す選挙運動を展開してきた。

だが、11月6日の投票日に向けて、情勢が厳しくなっていると世論調査が伝える中で、両氏は先週、それぞれテキサスとウィスコンシンで行われた集会で、トランプ大統領と同じ壇上に上がった。

ウィスコンシン州の集会でランプ大統領は、ウォーカー氏が2016年の大統領選の際には「やっかいな」相手だったが、いまは「素晴らしい友人だ」と騒々しい聴衆に対して語った。

また、テキサス州の支持者の前でもトランプ大統領は同じ週に、かつてはクルーズ氏のことを「嘘つきクルーズ」と罵倒していたが、今は「素敵なテッド」と呼んでいる、と語った。

選挙シーズンが始まるとともに、多くの共和党候補者は、今回の選挙が大統領に対する信任投票とならないよう注意を払った。トランプ氏は、引き続き米国民の過半数から支持されていないからだ。

同党の候補者は、米国経済の好調ぶりや、昨年議会を通過した減税法案などを前面に押し出したが、だが、こうしたテーマは有権者の心に響かなかった。

下院の過半数を民主党に奪還される可能性と、厳しさを増す上院選挙を控えて、世論調査ではトランプ支持と不支持が割れている現状にもかかわらず、熱心なトランプ信者の票を集めるため、大統領の応援を請う共和党候補が増えている。

また同党は、移民や国家安全保障といった問題についても、トランプ大統領の過激な論調を取り入れつつある。

トランプ大統領はこれから中間選挙の投票日まで多数の集会への参加を予定しており、選挙遊説の常連になる構えだ。

民主党が上院における過半数を奪還するには、来週の選挙で2議席上積みする必要がある。下院では23議席増が必要だが、こちらの方が可能性は高い。

クルーズ上院議員は依然として民主党の挑戦者ベト・オルーク下院議員と接戦を続けている。トランプ氏による応援を受けた直後、クルーズ候補は、2016年の大統領選で、トランプ氏が対立する民主党のヒラリー・クリントン候補にぶつけた言葉を真似てみせた。

「オルーク氏はクリントン氏とともに投獄されるべきだ」と先週行われたイベントで述べたのである。後にクルーズ氏は「冗談だった」と弁解した。

ウィスコンシン州知事への再選をめざすウォーカー候補は、無党派層の有権者を狙った選挙戦を展開してきたが、トランプ大統領の応援を控えて、民主党の対立候補トニー・エバーズ氏に対して、「不法移民に有利な措置を」支持している、とテレビコマーシャルで批判。この手法に対してエバーズ氏は「捨てばちだ」と一蹴した。

<移民問題で攻勢>

選挙戦終盤に入り、党候補者を応援するトランプ大統領の戦略の柱は移民問題だ。トランプ大統領は、中米地域から米南部の国境に向かっている移民集団(キャラバン)が安全保障上の脅威になっている、と頻繁に警告している。

民主党の候補者は、危機感を抱いた共和党候補が、今やトランプ氏にすがっていると指摘。無党派の有権者が昨年の減税法案を富裕層への不当な優遇と捉え、医療などの問題に懸念を深めているためだ。

「共和党候補は、訴えるべき一貫性のある経済的なメッセージに欠けている」と語るのは、民主党候補を支援する運動団体「ハウス・マジョリティPAC」の広報担当を務めるジェブ・フェイン氏だ。

民主党が上院と下院の双方で過半数を回復できるチャンスが最も大きくなったように思われたのは、先月だった。

その後トランプ大統領率いる共和党側は、ブレット・カバノー氏の最高裁判事指名承認をめぐる論争を好機とみて、承認に反対する人々を「リベラルな暴徒」と決めつけ、民主党が議会で優位に立てば米国は無政府状態に陥るとほのめかした。

このメッセージはすぐさま、共和党全国委員会(NRCC)や連邦議会リーダーシップ基金などの共和党支援団体によって拡散された。両団体は、民主党は隠れた「過激派」で「社会主義者」だと非難するコマーシャルを作成した。

引退するポール・ライアン下院議長と関係の深い同基金は、ケンタッキー州やミネソタ州、バージニア州といった激戦区の民主党候補は「リベラルな暴徒」の一味だと主張する一連のラジオコマーシャルを流した。

やり玉に挙げられた民主党候補の中には、元海兵隊パイロットのエイミー・マグラス氏、陸軍将校としてイラク戦争に従軍したダン・フィーハン氏、元CIA幹部のアビゲイル・スパンバーガー氏なども含まれた。

テネシー州のマーシャ・ブラックバーン氏、インディアナ州のマイク・ブラウン氏、ミズーリ州のジョシュ・ホーリー氏といった共和党の上院議員候補は先週、やはり中米からの移民集団は脅威だと警告。ブラックバーン氏に至っては、「違法な外国人の暴徒」とまで言い放った。

共和党関係者の多くは、ここ数週間のうちに複数の選挙区で情勢が好転したことから、戦略の転換によって上院の過半数を維持できるチャンスが広がったと話している。

NRCCの広報担当ディレクターを務めるマット・ゴーマン氏は、「民主党が権力を握れば、彼らの極左の暴徒たちが、国家の機能不全を加速させ、経済成長を徐々に停止させてしまう」と語る。

共和党の戦略に詳しい関係者によれば、現在の同党の選挙戦略は、共和党を支持する有権者の社会的な価値観に訴え、民主党候補への乗り換えを防ぐことにあるという。その際にトランプ大統領が文化を巡る争いに慣れていることを利用するのだという。

ペンス副大統領の元側近マーク・ロッター氏は、トランプ大統領が持つ「鍵となるメッセージやテーマを見極め、それを話題にして、有権者にどのような影響を与えるか判断する能力」を称賛する。

だが、トランプ路線を行き過ぎると、政治的リスクが伴う。昨年、バージニア州知事選が近づくなかで、共和党のエド・ギルスピー候補の選挙運動では「移民ギャング」への警告がどんどん強まっていった。だが郊外の有権者はこれに惑わされず、ギルスピー氏は完敗を喫した。

郊外の比重が高い選挙区の共和党下院議員候補の多くが、選挙期間中、トランプ大統領との距離を保とうとしているのは、もっぱらこうした理由によるものだ。

それでも、こうした共和党の穏健派候補の多くは、来週の選挙で民主党候補に議席を譲ることになりかねない。これはつまり、長期的に見れば、過半数を占めているか否かにかかわらず、共和党の連邦議会議員はこれまで以上に大統領との連携を強めることを意味している。

(翻訳:エァクレーレン)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

  • 2

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠写真

  • 3

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 4

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 5

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 8

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 9

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 10

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 4

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

  • 5

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 9

    トランプの言うことは正しい

  • 10

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!