ニュース速報
ビジネス

英CPI、5月は3年ぶり2%目標回帰 基調圧力なお強く

2024年06月19日(水)20時11分

 6月19日、英国立統計局(ONS)が発表した5月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.0%上昇し、4月の2.3%から伸びが鈍化した。写真は昨年5月、ロンドンの食料品店で撮影(2024年 ロイター/Emilie Madi)

David Milliken Suban Abdulla

[ロンドン 19日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が19日発表した5月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.0%上昇し、4月の2.3%から伸びが鈍化した。約3年ぶりにイングランド銀行(中央銀行)が目標とする2%に戻った。ただ基調的な物価圧力はなお強く、来月の総選挙前の利下げは見込み薄だ。

英国のインフレ率は2022年10月に11.1%と41年ぶりの高水準を記録したが、コロナ禍やロシアによるウクライナ侵攻に伴う影響が薄れ鈍化した。

5月のCPIはロイターが集計した市場予想の中央値と一致。4月に実施された家庭用エネルギー料金の引き下げが寄与した。ただその効果は年後半には薄れるとみられ、イングランド銀行はインフレ率は再び上昇すると予想している。

イングランド銀行が中期的なインフレリスクの指標として注目しているサービス価格のインフレ率は5.7%と、4月の5.9%からは低下したが、予想の5.5%は上回った。

イングランド銀行は20日に金利決定を発表する。ロイター調査によると、20日は据え置き予想が大勢で、大半のエコノミストは8月の利下げ開始を予想している。

英産業連盟(CBI)の主席エコノミスト、マーティン・サルトリウス氏も利下げ開始を8月と予想。「政策当局者は、賃金上昇率の高止まりなど、物価上昇圧力の緩和が鈍いことを示す兆候も合わせて、総合インフレ率の低下を見る必要がある」と述べた。

RBCキャピタル・マーケッツの英国シニアエコノミスト、キャサル・ケネディ氏は「サービス・インフレは引き続き上昇傾向で、あす利下げが発表される可能性はなくなった」とみている。

インフレ率の低下は総選挙を来月に控えるスナク首相にとって朗報。だが、世論調査では野党労働党に大きく水をあけられている。

スナク首相は、インフレ鈍化は自身の経済政策が機能している証拠だとし、これまでの進展が労働党のせいで水泡に帰すことがあってはならないと訴えた。

ロイター
Copyright (C) 2024 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物は下落、センチメント弱く 2週続落の見通し

ビジネス

ANA社長「円安は成長チャンス」、ミラノなど3都市

ビジネス

政府・日銀、円安を十分注視し政策運営を 諮問会議で

ビジネス

政府24年度成長率0.9%に下方修正、円安で物価上
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親切だった」「世界最大の蚊かと思ったら弾丸」
  • 3
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 4
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 5
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 6
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 7
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    トランプ暗殺未遂後の包帯姿を嘲笑したスターウォー…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 3
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 4
    ロシアの巡航ミサイルが「超低空飛行」で頭上スレス…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 8
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 9
    ドイツ倒産件数が前年同期比で41%増加...予想大幅に…
  • 10
    シャーロット王女の的確なアドバイス...「ボスの風格…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 6
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 7
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 8
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 9
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
  • 10
    ウクライナ戦闘機、ロシア防空システムを「無効化」.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中