ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=下落、FRBの利上げ巡る懸念が再燃

2022年12月06日(火)07時28分

米国株式市場は下落して取引を終えた。11月15日、ニューヨークで撮影(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

[5日 ロイター] - 米国株式市場は下落して取引を終えた。サービス部門の指標が市場予想を上回り、米連邦準備理事会(FRB)の利上げが長期化するのではないかという懸念が再燃した。また、中国で生産を削減するとの報道を受け、電気自動車(EV)大手テスラが売られた。

関係筋によると、テスラは上海工場の12月の「モデルY」生産を前月比で20%以上削減する。

テスラ株は6.4%下落。テクノロジー株が中心のナスダック総合を押し下げ、同指数は2営業日続落した。

米供給管理協会(ISM)が5日発表した11月の非製造業総合指数(NMI)は56.5と、予想外に上昇。内訳の雇用も改善し、来年に景気後退が懸念される中でも米経済の基調的な勢いを示した。

前週発表された11月の雇用統計も予想を上回っており、ISMのデータは主要株価3指数を圧迫。インフレ鈍化の兆しを受けて広がっていた米利上げペース減速への期待を後退させた。

ドルーリー・キャピタルのバーナード・ドルーリー最高経営責任者(CEO)はパウエルFRB議長が先週、利上げペースを減速させる時期が来たと発言したことに言及し、「きょうの取引は2日に発表された雇用統計に若干反応したとみられる。雇用統計は経済がそれほど減速していないことを示し、パウエル氏のメッセージに反する内容となったからだ」と指摘。市場でインフレ警戒ムードが再燃したと話した。

S&P総合500種の主要セクターではエネルギーが2.9%安と下げがきつかった。気象予測やプラント再稼働の遅延で見通しが悪化し、米天然ガス先物が10%超下落したことに圧迫された。

米天然ガス生産大手EQTは7.2%下落し、エネルギー指数を押し下げた。

金融株も2.5%安と下げが目立った。金融機関は通常、金利上昇によって利益が押し上げられるが、景気減速の中で不良債権や融資の伸び鈍化が懸念された。

アパレル・フットウエアメーカーのVFコープは11.2%下げ、2020年3月以来の大幅安となった。スティーブ・レンドルCEOの突然の退任を発表したほか、消費者需要が予想よりも弱いとして通期の売上高・利益見通しを下方修正した。

米取引所の合算出来高は107億8000万株。直近20営業日の平均は110億4000万株だった。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 33947.10 -482.78 -1.40 34335.73 34335.73 33846.81

前営業日終値 34429.88

ナスダック総合 11239.94 -221.56 -1.93 11380.99 11425.51 11193.03

前営業日終値 11461.50

S&P総合500種 3998.84 -72.86 -1.79 4052.02 4052.45 3984.49

前営業日終値 4071.70

ダウ輸送株20種 14048.18 -472.78 -3.26

ダウ公共株15種 970.23 -5.56 -0.57

フィラデルフィア半導体 2738.05 -33.19 -1.20

VIX指数 20.75 +1.69 +8.87

S&P一般消費財 1096.92 -33.37 -2.95

S&P素材 515.03 -10.25 -1.95

S&P工業 848.65 -14.72 -1.70

S&P主要消費財 794.23 -9.66 -1.20

S&P金融 580.68 -14.88 -2.50

S&P不動産 239.84 -4.19 -1.72

S&Pエネルギー 667.01 -20.19 -2.94

S&Pヘルスケア 1610.11 -16.07 -0.99

S&P通信サービス 170.94 -2.61 -1.50

S&P情報技術 2321.54 -39.08 -1.66

S&P公益事業 356.75 -2.14 -0.60

NYSE出来高 9.58億株

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 27680 - 160 大阪比

シカゴ日経先物12月限 円建て 27685 - 155 大阪比

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

情報BOX:バイデン米大統領の一般教書演説要旨

ワールド

バイデン氏、一般教書演説で共和に協力呼びかけへ 強

ビジネス

米投資大手カーライル、第4四半期は52%減益 M&

ビジネス

ヘッジファンド、1月運用成績はプラス 株価上昇率は

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク、ワーストはソマリア...日本は?

  • 2

    DHCと虎ノ門ニュースが残した厄介な「右派市場」

  • 3

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の旧型も、いざウクライナへ?

  • 4

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 5

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 6

    キャサリン妃が初めて着用──メーガン妃「最後の公務…

  • 7

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 8

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 9

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 10

    「完璧なマナー」「一流」 ウィリアム皇太子、メーガ…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 8

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中