ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=大幅上昇、S&P主要11業種全てプラス圏

2022年10月04日(火)06時33分

米国株式市場は上昇して取引を終え、2022年第4・四半期の初日を大幅高で飾った。S&P主要11セクター全てがプラスとなった。中でもエネルギーの上昇が目立った。(2022年 ロイター/Carlo Allegri)

[3日 ロイター] - 米国株式市場は主要株価3指数が上昇して取引を終え、2022年第4・四半期の初日を2%を超える大幅高で飾った。予想を下回った製造業データを受けて国債利回りが低下し、投資先としての株式の魅力が高まった。

今年はインフレ抑制に向けた利上げや景気減速懸念を背景に波乱含みの展開が続き、米株市場は3四半期連続で下落している。

B・ライリー・ウェルスのチーフ市場ストラテジスト、アート・ホーガン氏は「米国債利回りの低下はリスクオン環境を意味し、プラス材料だ」と述べた。

供給管理協会(ISM)が3日発表した9月の製造業総合指数(NMI)は50.9となり、2020年5月以来2年4カ月ぶりの低水準を記録した。

英国の減税計画が撤回されたことも、米国債利回り低下につながった。

S&P主要11セクター全てがプラスとなった。中でもエネルギーの上昇が目立った。

石油大手エクソンモービルとシェブロンはともに5%超値上がり。石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」が大幅減産を検討しているという報道を受け原油市場が上昇したことに支援された。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 29490.89 +765.38 +2.66 28855.25 29647.79 28855.25

前営業日終値 28725.51

ナスダック総合 10815.44 +239.82 +2.27 10659.01 10875.46 10577.89

前営業日終値 10575.62

ダウ輸送株20種 12464.96 +406.70 +3.37

ダウ公共株15種 914.79 +26.32 +2.96

フィラデルフィア半導体 2393.32 +86.62 +3.76

S&P一般消費財 1125.04 +2.73 +0.24

S&P素材 442.32 +14.55 +3.40

S&P工業 722.00 +21.40 +3.05

S&P主要消費財 707.87 +12.09 +1.74

S&P金融 518.70 +14.31 +2.84

S&P不動産 230.15 +4.21 +1.86

S&Pエネルギー 584.45 +31.89 +5.77

S&Pヘルスケア 1441.49 +30.13 +2.14

S&P通信サービス 166.83 +4.82 +2.98

S&P情報技術 2145.31 +65.46 +3.15

S&P公益事業 342.46 +9.94 +2.99

NYSE出来高 11.48億株

シカゴ日経先物12月限 ドル建て 26605 + 375 大阪比

シカゴ日経先物12月限 円建て 26595 + 365 大阪比

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発、米引き締め警戒和らぐ 値がさ株堅調

ビジネス

物価見通し、想定以上に上がれば予防的に緩和修正可能

ワールド

北京でひそかにコロナ規制緩和、無症状者の多くは既に

ビジネス

再送-米GM系自動運転クルーズ、来年は事業展開を多

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイー…

  • 8

    「知性を持っていた?」もし恐竜が絶滅していなかっ…

  • 9

    なぜ環境活動家は一見無関係の名画を標的にするのか…

  • 10

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 8

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 9

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 10

    自分を「最優先」しろ...メーガン妃、ヘンリー王子へ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中