ニュース速報

ビジネス

日産の今期、3年連続の最終赤字見通し 半導体不足で25万台減産

2021年05月11日(火)21時21分

 5月11日、日産自動車は、2022年3月期(今期)の連結純損益が600億円の赤字になる見通しと発表した。写真は同社のロゴ。キエフで昨年6月撮影(2021年 ロイター/Valentyn Ogirenko)

[東京 11日 ロイター] - 日産自動車は11日、2022年3月期の連結純損益が600億円の赤字になる見通しと発表した。半導体の供給不足で減産を見込むほか、原材料価格の高騰などが響く。最終赤字は3年連続となる。

アナリスト16人による市場予想の平均値(IBESのコンセンサス予想、1346億円の黒字)を大幅に下回った。

売上高は前期比15.7%増の9兆1000億円、営業利益は前期(1506億円の赤字)から1507億円改善のゼロを見込む。中期経営計画では今期の営業利益率は2%を目標にしており、この業績予想のままでは未達となる。

内田誠社長はオンライン会見で、最大のリスクとみる半導体不足と原材料高騰の影響を最小限に抑えるよう対策を講じると強調。第1・四半期決算発表時に今期見通しをあらためて出す考えを示した。

半導体供給不足による生産への影響は、今期約50万台に影響が出るとみており、現時点でこのうち半分は下期に取り戻し、通期で25万台にとどめることを前提にしている。

同席したアシュワニ・グプタ最高執行責任者(COO)によると、半導体不足はルネサスエレクトロニクスの工場火災が主因だが、想定より早く復旧しているため、下期に約半分は挽回できるとの見通しという。21年3月期は半導体供給不足による生産への影響は約13万台に及んだものの、このうち「5割は挽回した」(グプタCOO)。

22年3月期の世界販売は前期比8.6%増の440万台を計画する。中国で153万台(前期は145万7000台)、日本で51万台(同47万8000台)、北米が142万台(同121万3000台)、欧州で38万台(同39万1000台)を見込む。

業績予想の前提となる為替レートは1ドル=105.0円(前期は106.1円)、1ユーロ=120.8円(同123.8円)。

同時に発表した21年3月期の連結業績は、新型コロナウイルスの世界的な流行などを受けた販売減、カルロス・ゴーン前会長の拡大路線を軌道修正するための構造改革費用がかさみ、4486億円の最終赤字だった。

営業損益は1506億円の赤字(前の期は404億円の赤字)。営業赤字幅は1994年3月期に計上した1440億円を上回り、過去最大となった。前期の売上高は前の期に比べ20.4%減の7兆8625億円だった。

3月末時点の自動車事業の手元資金は約1兆8961億円、同事業のネットキャッシュは6360億円で、約2.2兆円の未使用のコミットメントラインを維持しているという。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

独メルケル首相の保守連合、9月総選挙に向け増税せず

ワールド

米共和党、中間選挙にらみ支出拡大 5月は民主党の倍

ワールド

感染再拡大の兆しあれば適切に措置、五輪でも同様=加

ビジネス

前場の日経平均は大幅続落、早期の米利上げ思惑でリス

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中