ニュース速報

ビジネス

FRB議長、緩和維持強調 景気回復「まばらで完全とは程遠い」

2021年02月24日(水)05時16分

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は23日、国内の景気回復は依然として「まばらで完全とは程遠い」状態にあり、政策の変更を検討するまでには「しばらく時間がかかる」と述べた。写真は昨年12月、ワシントンで撮影(2021年 ロイター/Susan Walsh/Pool via REUTERS/File Photo)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は23日、国内の景気回復は依然として「まばらで完全とは程遠い」状態にあり、FRBが完全雇用の復帰に向け導入した政策の変更を検討するまでには「しばらく時間がかかる」という認識を示した。

FRBの政策支援がインフレ高進や危険な資産バブルを招くとは考えにくいとし、景気支援の継続がなお必要と強調した。また、現在確認されている市場の動きについては、新型コロナウイルスワクチンが奏功するとの期待や消費支出拡大見通しなど、景気回復への期待を反映していると指摘した。

上院銀行委員会で開かれた経済状況に関する公聴会で、利下げや月額1200億ドルの国債買い取りは「金融情勢を大幅に緩和し、経済に実質的な支援を提供している」と発言。同時に「経済は雇用や物価目標にまだ遠く及ばず、実質的な一段の進展が達成されるまで時間がかかりそうだ」と表明した。

金利は当面低水準にとどまると再表明。「金融政策は緩和的で、緩和的であり続ける必要がある」とし、FRBが何らかの変更を決定する際は「慎重かつ忍耐強く」対応し、十分に事前に通告すると語った。

債券購入については「FRBが目標の達成に向け一段の進展を遂げるまで少なくとも現在のペース」を維持すると確認した上で、「実際のところは進展していない」と述べた。

また、国内の公衆衛生危機は改善しており、「進行中のワクチン接種が年内に一段と正常な状態に戻るという希望をもたらす」一方、「経済の行方は引き続きウイルスの動向や感染予防対策に大きく依存している」と話した。

ワクチン展開に伴い、新型コロナ禍からの景気回復に弾みが付けば、今年の米経済成長率が6%のレンジに至る可能性があると予想した。米国内総生産(GDP)が今年上期中に、コロナ禍以前の水準に回復する可能性があるとも指摘した。

一部共和党議員は、FRBの資産購入、ワクチン接種の進展を受けた景気回復、政府の大規模な追加景気対策の相乗効果で資産価格が持続不能な水準まで押し上げられ、インフレが高進するのではないかと懸念を表明。パウエル議長はこれに対し 現時点では引き続き景気回復に主眼を置く必要があるとし、完全雇用を回復するには当面、FRBの支援が必要になると述べた。

パンテオン・マクロエコノミクスのチーフエコノミスト、イアン・シェファードソン氏は「パウエル議長は景気回復が必ずしも利上げにつながるわけではないと市場に伝えたいのではないか」と指摘。ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのチーフ投資ストラテジスト、マイケル・アローン氏は「景気回復が進展する一方、労働市場の回復やインフレ率が懸念される水準に到達するまでの道のりは依然長い」との認識が示されたとし、「金融政策が近く変更されるとは予想していない」と述べた。

パウエル議長は24日、下院金融サービス委員会で行われる公聴会で証言する。

*情報を追加します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

下値固め、米長期金利の動向に注目=来週の東京株式市

ビジネス

26日の日経平均は1202円安、米長期金利上昇で売

ビジネス

メルク、パンディオン・セラピューティクスを18.5

ビジネス

日銀点検を読む:期待インフレに考慮、フォワードガイ

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった職業、下がった職業

  • 3

    タイガーが暴露症の女ばかり選んだ理由(アーカイブ記事)

  • 4

    日本の電波行政を歪めている真犯人はだれか?

  • 5

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 6

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 7

    免疫機能調整で注目のビタミンD、取り過ぎるくらいが…

  • 8

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 9

    医療「非」崩壊──医療現場が示す新型コロナ4つの新…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 3

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 4

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 5

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    対日レーダー照射だけじゃない......韓国「軍事行政…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 5

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!