ニュース速報

ビジネス

ECB、大規模な量的緩和維持 コロナ感染「深刻なリスク」

2021年01月22日(金)02時43分

欧州中央銀行(ECB)は21日、定例理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い導入した大規模な量的緩和の維持を決定した。政策金利も据え置いた。フランクフルトのECB本部で2018年4月撮影(2021年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 21日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は21日、定例理事会を開き、新型コロナウイルスの新たな感染拡大が域内経済へのリスクになるとして、大規模な量的緩和(QE)の維持を決定した。また、経済の下支えへに向け低金利の継続を再確認した。

パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の規模は1兆8500億ユーロで、期間は2022年3月末まで。購入した債券の満期償還金の再投資は23年末まで行う。資産購入プログラム(APP)の下での純購入額は月額200億ユーロのペースを継続。貸出条件付き長期資金供給オペ(TLTRO)の期間は22年6月まで。

中銀預金金利はマイナス0.50%、主要政策金利は0.00%に据え置き、インフレ見通しが予測範囲内で2%未満だがその近辺に底堅く収れんするまで、金利は現在またはそれ以下の水準にとどまる見通しと強調した。

ラガルド総裁は会見で「ユーロ圏におけるワクチン接種の開始は、公衆衛生上の危機終息に向けた重要な節目だが、パンデミックの継続は依然、公衆衛生だけでなく域内および世界経済に深刻なリスクを及ぼす恐れがある」と指摘。さらに「幅広い免疫の獲得には時間がかかり、パンデミックによる悪影響が拡大する可能性を排除できない」と表明した。

追加緩和の可能性については、「コロナ危機が終息したと判断されるまで」債券買い取りを継続すると明言。域内経済を取り巻く下振れリスクの兆候を引き続き注視していくと強調した。同時に、成長リスクは引き続き下向きに傾いてはいるが、顕著ではないとも指摘し、「パンデミックの影響が薄れるにつれ、緩和的な財政・金融政策が需要の回復を後押しし、中期的に物価への上昇圧力がかかる」と予想した。

PEPPの未使用枠は約1兆ユーロあるが、今回の声明文には「PEPPの購入枠を使い切らない資産購入フローで好ましい資金調達条件を維持できれば、その枠を全て使用する必要はない」と明記。ラガルド氏も全額を使用しない可能性があると改めて示唆した。

今月に入り2年半ぶりの高値を付けているユーロについては、物価の下押し圧力になっていると認めた上で、為替レートの動向が中期的なインフレ見通しに与える影響を引き続き注視していくとした。

ユーロは貿易加重ベースで年初から1%下落しているが、過去1年間では約7%上昇。ユーロ/ドルも年間で10%強値上がりしている。

INGのエコノミスト、カーステン・ブレスキ氏は「ECBが様子見姿勢に満足しており、選択肢を全てオープンにしている」と指摘。「それは退屈に聞こえるもしれないが、おそらく最善の行動であり、経済が深刻な事態に直面しない限り、ECBは少なくとも夏の終わりまでは現在の路線にとどまる可能性が高い」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米コロナ追加対策、「非常に力強い」景気回復促進へ=

ビジネス

強いドル「米国のためになる」=レモンド商務長官

ビジネス

中国、金融機関の倒産法制定を議題に

ワールド

タイ、ワクチン接種した外国人の隔離期間を7日に短縮

MAGAZINE

特集:3.11の記憶 東日本大震災から10年

2021年3月16日号(3/ 9発売)

未曽有の被害を出した東日本大震災から10年 櫻井翔はなぜ取材し、伝え続けるのか

人気ランキング

  • 1

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロナ禍の今、彼らは何を思うのか

  • 2

    中国の金採掘会社、南米や西アフリカで資産買い漁り

  • 3

    火星開発は人類生存のためのプロジェクト

  • 4

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 5

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 6

    感染症対策に有効というビタミンD、どれだけ取れば大…

  • 7

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 8

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 9

    「会社が従業員を守ってる!」 コロナ禍のJALやANAの…

  • 10

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 5

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 6

    ミャンマー、警官19人がインドへ逃亡 国軍の命令拒否

  • 7

    中国人富裕層が感じる「日本の観光業」への本音 コロ…

  • 8

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 9

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 10

    【動画特集】自由になったメーガンの英王室への反撃

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 6

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!