ニュース速報

ビジネス

アングル:イエレン氏が景気対策を支持、長期的に「諸刃の剣」か

2021年01月21日(木)16時08分

 1月19日、米次期財務長官に指名されているイエレン前連邦準備理事会議長(写真)は、上院財政委員会の指名承認公聴会で、追加の新型コロナウイルス救済策に明白な支持を表明した。ワシントンで2017年12月撮影(2021年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ニューヨーク 19日 ロイター] - 米次期財務長官に指名されているイエレン前連邦準備理事会(FRB)議長は19日、上院財政委員会の指名承認公聴会で、追加の新型コロナウイルス救済策に明白な支持を表明した。これは投資家にとってはもろ刃の剣だ。リスク資産の上昇が続くとの楽観論をかき立てる一方で、政府債務が大幅に拡大することへの懸念も生む。

イエレン氏は議会に対し、新型コロナ救済策で「大きな行動」を呼び掛けた。バイデン次期米大統領は先週、1兆9000億ドルの景気対策案を示している。

景気対策は、コロナ禍で打ちのめされた経済を強く支えると期待されるが、ただでさえ巨額の財政赤字をさらに拡大させ、国債利回りを押し上げるとの懸念も聞かれる。既にさまざまな資産で膨らんでいるバブルを助長するとの見方もある。

バイデン氏の計画のうち、企業や富裕層を対象とする増税案についても、反応は入り乱れている。

スパータン・キャピタル・セキュリティーズの首席市場エコノミスト、ピーター・カーディロ氏は「イエレン氏は明らかに、景気が支援策を必要としていると感じている」とし、「(イエレン氏の説得で)上院は景気対策を可決するだろう。短期的にはプラスだが長期的にはマイナスな、新たな大型対策が実施されることになる」と話した。

今月の上院決選投票で民主党がかろうじて上院で優勢になり、より大型な財政出動のお膳立てができて以来、S&P総合500種株価指数は約2%上昇。特に景気回復時に値上がりが見込まれる銀行株や小型株の堅調ぶりが際立った。

イエレン氏は証言で、市場が抱く長期的な懸念にも触れた。同氏は議員たちに対し、今は財政支出を拡大し、あとで債務の問題に取り組む必要を訴えた。「長期的な財政軌道は懸念を呼び起こす。この点には目配りする必要がある。しかし米国は投資することも重要だ」とし、「今は金利が非常に低い環境にあることを意識にとどめることが大切だ」と続けた。

イエレン氏はまた、トランプ大統領が2017年に実施した法人税減税によって米企業の競争力が改善したことを認め、バイデン氏が法人税を17年以前の水準まで引き上げようとは提案していないと説明した。ただ、企業と富裕な個人が相応の負担を引き受けることも重要だと訴えた。

クレセット・キャピタル・マネジメントのジャック・アブリン最高投資責任者は「イエレン氏には、財務長官として押し進めたいと願うかなり進歩主義的な課題がある」と指摘。同氏は「冷静な政策立案者として振舞うと同時に、バイデン氏のかなり大規模な財政支出計画を受け入れるという、難しい綱渡りが必要になるだろう」と語った。

トランプ大統領は任期中、米国の輸出を促進するためにドルを安くすべきだと何度も訴えた。イエレン氏は19日の議会証言で為替政策について、ドルその他通貨の相場は市場が決めるべきだとの姿勢を示した。また諸外国が輸出競争力を高めるために人為的な為替操作を行った場合には、米国は反対すべきだと述べた。

BBHの為替ストラテジー・グローバル責任者、ウィン・シン氏は為替に関するイエレン氏の発言についてノートで、「政策がトランプ政権時から大幅にシフトするシグナルを送る」意図があったと解説。「いずれにせよ、市場はもうツイート絡みの相場変動に振り回されることはなくなる。これは良いことだ」と述べた。

(Lewis Krauskopf記者)

*見出しの脱字を補い再送します。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ASEAN、ミャンマー巡り特別会合 ヤンゴンで大規

ビジネス

中国フィンテック企業、2年以内に資本要件満たす必要

ビジネス

豪中銀、政策金利を0.10%に据え置き 3年債利回

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者1億1

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 6

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 7

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 8

    バブルは弾けた

  • 9

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 10

    「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!