ニュース速報

ビジネス

仏ルノーが生産台数縮小へ、25年に310万台 利益向上へ戦略見直し

2021年01月15日(金)01時33分

 仏自動車大手ルノーのルカ・デメオ最高経営責任者(写真)は1月14日、就任後初の戦略見直しで、コスト削減目標を引き上げるとともに、生産台数を縮小する計画を示した。写真は昨年10月の仏ムードンでの記者会見。(2021年 ロイター/Benoit Tessier)

[パリ 14日 ロイター] - 仏自動車大手ルノーのルカ・デメオ最高経営責任者(CEO)は14日、昨年7月の就任以来初めて戦略を見直し、コスト削減目標を引き上げるとともに、生産台数を縮小する計画を示した。利益率向上を目指す。

製造部門の簡素化と研究といった分野における支出抑制のほか、2025年の生産台数を約310万台とし、19年の400万台から縮小する計画を示した。

効率性と利益率にフォーカスした新たな計画は、カルロス・ゴーン元会長兼CEOがかつて打ち出したボリューム拡大戦略からの脱却となる。

デメオCEOはオンライン説明会で「われわれはより大きく成長したが、より良くではなかった」と指摘。現在の課題は「市場シェアからマージンへ事業を誘導する」ことだと付け加えた。

これに向けルノーは自動車生産にあたって共有プラットフォームを少なくし、23年までに1台当たりコストを600ユーロ(730ドル)切り詰める。同社によると、25年までに発売する自動車の半分は電化バージョンになり、電気モデルは化石燃料車よりも利益率が良くなるという。

ジェフリーズのアナリスト、フィリップ・フショワ氏は顧客向けノートで、ルノーの新たな利益目標を「迫力に欠ける」と指摘。「ルノーの困難の大きさ」を反映しているとした。

ルノーは新車開発期間を1年短縮し、3年未満とする計画。また、データ、モビリティー、エネルギー関連サービスからの「新たな利益プール」に焦点を当てた「Mobilize」と呼ばれる新事業部門を発表した。

デメオCEOは、2030年までにこの事業からルノーの売上高の少なくとも2割を稼ぎ出すことを目指すとし「われわれはテックと連携している自動車会社から車と連携しているテック企業に変化するだろう」と述べた。

ルノーは14日、コスト削減目標を5億ユーロ(6億0800万ドル)上積みし、23年までに25億ユーロとしたほか、営業利益率を徐々に改善させ、23年までに5%を達成するとの目標を設定した。

また、設備投資・研究コストを25年までに売上高の10%から8%に引き下げる方針。全体として、これらの措置により、ルノーの損益分岐点は23年までに30%下がる見通し。

20年の利益率はまだ発表されていない。ただ、新型コロナウイルス流行を受け、19年の4.8%を下回る公算が大きい。

ルノーは、オートモーティブフリーキャッシュフローを23年までに30億ユーロ、25年までに60億ユーロとする目標を示した。

シティバンクのアナリストは顧客向けノートで「短期的なキャッシュ目標へのコミットメントは、投資家にとって主な懸念となっている中でポジティブだ」と指摘。「同業他社と比べて著しいディスカウント水準でのルノー株取引が続いていることを考慮すると、持続可能な基盤に向けたルノーの動きを巡る詳細がさらに明らかになったことも歓迎すべきだ」とした。

日産自動車の内田誠社長は14日、収益性の高いモデルに焦点を当てるルノーの戦略見直しについて、両社のアライアンス強化につながる力強い計画と指摘。ルノーのオンラインプレゼンテーションで、日産とルノーの事業計画は補完的かつ協調的で、アライアンスが生み出す機会に自信を持っていると述べた。その上で、この先非常に厳しい事業環境に直面する準備を整えておく必要があると語った。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

アングル:昨年不振のバリュー株復活へ、米景気回復時

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 3

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与がトランプに三行半

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 6

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 9

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 10

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 10

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!