ニュース速報

ビジネス

前場の日経平均は大幅続伸、416円高 連日でバブル後高値を更新

2020年11月25日(水)12時01分

 11月25日、前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比416円39銭高の2万6581円98銭となり、続伸した。東証で10月2日撮影(2020年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 25日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比416円39銭高の2万6581円98銭となり、続伸した。前日に付けたバブル崩壊後高値2万6261円78銭を更新し、取引時間中として1991年4月以来の高水準となっている。

24日の米国株式相場では主要3指数が上昇、ダウ平均は史上初の3万ドルに乗せた。トランプ米大統領がバイデン次期政権への移行プロセス開始を許可したことや、バイデン氏が次期財務長官に連邦準備理事会(FRB)のイエレン前議長を指名するとの報道、新型コロナウイルスワクチン開発への期待が引き続き相場の支えとなった。

米国株高を受け、日経平均は寄り付きで前日に付けた高値を更新。その後も上げ幅を拡大し、一時前営業日比540円83銭高の2万6706円42銭まで上昇した。その後は利益確定売りが強まり、徐々に上げ幅を縮小した。

TOPIXは1.15%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆5333億6200万円。東証33業種では、海運業、鉱業、鉄鋼、非鉄金属などの29業種が値上がり。電気・ガス業、パルプ・紙、陸運業などの4業種は値下がりした。

SMBC信託銀行のシニアマーケットアナリスト、山口真弘氏は「金余り相場の一言に尽きる。景気があまり良くない中、目先のポジティブな材料だけに反応し株価は上昇し続けている」と指摘する。26日は感謝祭に伴い米国株式市場が休場となることもあり「感謝祭を前にいったん買いの手が弱まり、利益確定売りが優勢となるのではないか。やや先食い感があり、このまま年末ラリーというは難しい」とみている。

個別では、ソニーが3日続伸し3.25%高。商いを伴い、年初来高値を更新した。海外機関投資家の資金が日本株に流入する中で「ソニーは代表的な銘柄でポートフォリオを組む中では外せないため、海外勢が買う間は強い基調が続きそうだ」(国内証券)との声が聞かれる。

東証1部の騰落数は、値上がりが1296銘柄、値下がりが786銘柄、変わらずが95銘柄だった。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ドイツ外相、ワクチン接種者の制限緩和を提言 他の閣

ビジネス

東京オリ・パラ、成功に向けしっかり対応=加藤官房長

ワールド

米厚生長官、議事堂襲撃がトランプ氏の「レガシー汚す

ワールド

トランプ政権、政府機関に中国製品の調達抑制を指示

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 2

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知するパルスオキシメーターは必須アイテムだ

  • 3

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に届かず不安にさせる理由とは

  • 4

    暴君・始皇帝を賛美する中国ドラマ──独裁国家を待ち…

  • 5

    英首相ジョンソン、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 8

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 9

    窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

  • 10

    「現代版スターリン主義者」習近平が踏み出した相互…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!