ニュース速報

ビジネス

ECB、12月に政策「再調整」 感染急拡大に対応

2020年10月30日(金)01時41分

欧州中央銀行(ECB)は29日の定例理事会で主要な政策変更を見送り、12月に追加対策を講じる可能性を示唆した。フランクフルトで2018年4月撮影(2020年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[フランクフルト 29日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)は29日の定例理事会で主要な政策変更を見送り、12月に追加対策を講じる可能性を示唆した。

声明で「変化する状況に対応しながら、景気回復を支援し、新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)がインフレ見通しに与える負の影響を相殺するような良好な金融条件を確保するため、必要に応じて政策手段を再調整する」と述べた。

パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の買い取り枠は1兆3500億ユーロに維持。中銀預金金利はマイナス0.5%に据え置いた。

ラガルド総裁は理事会後の記者会見で「理事会は、リスクは明らかに下向きに傾いているとの認識で完全に一致した」とし、「われわれは、パンデミックと感染拡大、および感染拡大抑制策が経済に及ぼす影響の重大性を認識している。こうした認識を踏まえ、次回理事会で政策措置を調整する必要があるとの見解で一致した」と表明。「各チーム、各委員会はすでに作業に取り掛かっている」とし、全ての政策措置の範囲、期間、規模が検証されると述べた。

PEPPの買取枠は現時点で7000億ユーロ分が残っており、ECBは現在、月額約1000億ユーロの資産買い入れを実施中。これにより借り入れコストは過去最低水準に押し下げられている。

ピクテ・ウェルス・マネジメントのストラテジスト、フレデリック・デュクロゼ氏は「PEPPが5000億ユーロ拡大されるとの6月以降の当社予想を踏襲するが、それ以上のことが同時に実施されるだろう」と述べた。

ラガルド総裁の発言を受け、ユーロは対ドルで急落し、0.7%安の1.166ドルで推移。国債利回りも低下した。

ただ、ECBにできることには明らかに限りがある。ラガルド総裁は、7500億ユーロの欧州連合(EU)復興基金案を巡る遅延があってはならないとし、金融政策は大規模な財政政策で補完される必要があるとの考えを改めて強調。「積極的で協調的な財政スタンスが引き続き重要」とし、状況の悪化に伴い各国政府が財政政策を拡充させることは特段驚くべきことではないと述べた。

その上で、年末までの感染拡大の制御状況でユーロ圏の第4・四半期の経済成長率が決まると指摘。「ECBは(感染拡大)第1波に対応した。第2波にも対応する」と語った。

欧州でも新型ウイルス感染拡大に歯止めがかかっておらず、28日にはフランスが12月1日までの約1カ月間、全土で再び都市封鎖(ロックダウン)を実施すると発表。ドイツも新たな規制案を策定した。

ECBの懸念要因であるインフレ期待の低下を受け、ブラックロック・インベストメント・インスティテュートのマクロ調査責任者、エルガ・バーチュ氏は「12月の見通しでは、インフレ率のECB目標への回帰がさらに遅れる可能性があることが示されるだろう」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米政府、中国共産党党員のビザ規制厳格化=NYT

ビジネス

英サービス部門PMI、11月は47.6に低下 速報

ビジネス

11月独サービス部門PMI改定値は46.0に低下、

ビジネス

ユーロ圏総合PMI改定値、11月は45.3に大幅低

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 9

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 10

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!