ニュース速報

ビジネス

再送 トヨタの今期純利益64%減へ、世界販売は上乗せ 4─6月期営業黒字

2020年08月07日(金)08時53分

 8月6日、トヨタ自動車は、未定としていた2021年3月期(今期)の連結純利益(国際会計基準)が前期比64%減の7300億円となる見通しを発表した。写真はブラジルのサンパウロで2018年11月撮影(2020年 ロイター/Paulo Whitaker)

[東京 6日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は6日、未定としていた2021年3月期(今期)の連結純利益(国際会計基準)が前期比64%減の7300億円となる見通しを発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で販売が減少する。一方、世界販売計画は4―6月期の回復ペースが想定以上に早いことを受け上方修正した。4―6月期は前年同期比で販売は落ち込んだが、営業黒字は確保した。今期の売上高と営業利益は従来予想を維持した。

会社の今期純利益予想は、金融情報分析会社リフィニティブが集計したアナリスト22人の予測平均値1兆0910億円を下回っている。

日野自動車<7205.T>、ダイハツ工業を含むグループ全体の世界総販売計画は910万台と、従来の890万台から20万台引き上げた。期初は4─6月期の世界販売を前年同期の約60%の回復と想定していたが、実際は69%まで回復しており、今後も期初の想定よりも回復のペースは早いとみて上乗せした。

トヨタブランドと高級車ブランド「レクサス」の今期販売計画は期初から30万台上乗せした。回復のペースは、7―9月期が前年同期の約85%、10―12月期は約95%、21年1―3月期は約105%と見込んでいる。

トヨタは自動車市場について、コロナの影響で当面は弱い動きが続くと見込む一方、4─6月を底に徐々に回復し、20年末から21年前半にかけて前年並みに戻るとみている。

同日発表した20年4―6月期連結決算(国際会計基準)は、営業利益が前年同期比98%減の139億円だった。感染拡大を防ぐため実施された世界的なロックダウン(都市封鎖)による生産・販売の一時休止が響いた。売上高は40%減の4兆6007億円、純利益は74%減の1588億円だった。世界販売実績(連結ベース)は115万8000台と前年同期からほぼ半減した。

販売が落ちても営業黒字を維持できたことについて、トヨタ広報担当者は、赤字に陥ったリーマンショック時の教訓から学び、販売店や取引先などとともに11年間にわたって取り組んできた「地道な体質強化の成果が現れたのではないか」と分析した。豊田章男社長は6月の株主総会で、体質強化の結果として「リーマンショック時に比べ200万台以上、損益分岐点となる台数を下げることができた」と話していた。

今期の売上高予想は前期に比べ約20%減の24兆円、営業利益予想は約79%減の5000億円。コロナの感染拡大や収束の状況などで経営環境が大きく変わる可能性があるとして従来予想を維持した。年間配当予想は引き続き未定とした。

想定為替レートは1ドル=105円、1ユーロ=115円で据え置いた。

*見出しの文字化けを修正して再送します。

(白木真紀)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

国連事務総長、新型コロナワクチン開発への資金援助を

ワールド

豪ビクトリア州、コロナ死者800人 感染は下火に

ビジネス

東証、全銘柄の売買を終日停止 売買システムの設備故

ワールド

米大統領選、討論会受けバイデン陣営と民主党に選挙資

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    異常気象がスペイン風邪の世界的流行の誘因だった?…

  • 9

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 10

    人口減少の時代に増え続ける新築物件 全国378万の空…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!