ニュース速報

ビジネス

SUBARUの今期純利益は6割減に、2期連続の減配予想

2020年08月04日(火)17時30分

 8月4日、SUBARUが発表した2020年4―6月期連結決算(国際会計基準)は、純損益が77億円の赤字(前年同期は664億円の黒字)だった。写真はミシガン州で昨年1月撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[東京 4日 ロイター] - SUBARU(スバル)<7270.T>は4日、2021年3月期(今期)の連結純利益(国際会計基準)が前期比60.7%減の600億円になる見通しだと発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で新車販売が急減したためで、20年4─6月期の純損益は77億円の赤字(前年同期は664億円の黒字)となった。中村知美社長は「今後も事業環境の先行きは不透明だ」と述べた。

今期配当は中間・期末それぞれ1株当たり28円。年間で56円(前期は100円)と、2期連続の減配を予想する。通期の純利益予想は、リフィニティブが集計したアナリスト15人の予測平均値805億円を下回る。

電話で会見した中村社長は、コロナの収束時期や社会活動に与える影響、消費者心理の動向など「不確定な要素が非常に多い」と発言。詳細を精緻に説明できないとし、米国、日本など市場別の計画台数は公表を見送った。今期の世界販売計画は約13%減の90万台を見込む。

一方、世界販売の約7割を占める米国については、今春に実施された世界的なロックダウン(都市封鎖)のような状況は起こらないという前提で、20年の米国新車市場が1400万台―1450万台(前年比約15%減)との見通しを示した。スバルの米国販売も徐々に回復し、同年は「59万台―60万台(同約15%減)を計画している」と説明。21年も「緩やかな回復傾向が続く」との見方を示した。

通期の営業利益は62%減の800億円、売上高に相当する売上収益は13.3%減の2兆9000億円を予想する。前提為替レートは1ドル=105円(前期は109円)、1ユーロ=120円(同121円)に設定した。

中村社長は、2期連続の減配となることについて「不測の事態に備える意味で手元資金を確保しておきたい」と株主に理解を求めた。

<7―9月期は営業黒字化目指す>

4―6月期の売上収益は前年同期比45.2%減の4569億円だった。コロナの影響により、世界販売は13万3000台と前年同期に比べて約半減した。

営業損益は156億円の赤字(前年同期は922億円の黒字)だった。岡田稔明取締役は「営業利益ベースでは第2・四半期では黒字に転換したい」と述べた。

*内容を追加しました。

(白木真紀)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米上院委、ツイッターなどに召喚状送付も 民主党トッ

ワールド

トランプ氏、医療保険・薬価巡り大統領令に署名 効力

ワールド

米下院民主党、2.2兆ドルのコロナ経済対策を策定中

ビジネス

米フェイスブックの独立監視委が10月始動へ、投稿削

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 6

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 7

    韓国の新法相、秋美愛氏にも不正疑惑で、文在寅不信…

  • 8

    ロックダウンに耐え忍んだ末のイギリスの規制強化は…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!