ニュース速報

ビジネス

米新築住宅販売、19年12月は予想外のマイナス 3カ月連続減

2020年01月28日(火)03時42分

米商務省が27日に発表した2019年12月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済)は、年率換算で前月比0.4%減の69万4000戸と3カ月連続で落ち込んだ。ロサンゼルスで2018年7月撮影(2020年 ロイター/Lucy Nicholson)

[ワシントン 27日 ロイター] - 米商務省が27日に発表した2019年12月の新築一戸建て住宅販売戸数(季節調整済)は、年率換算で前月比0.4%減の69万4000戸と3カ月連続で落ち込んだ。市場予想は1.5%増の73万戸だった。手頃な住宅が不足していることが影響したとみられる。ただ、住宅ローン金利が低い環境が引き続き住宅市場を下支えしている。

11月の販売戸数は当初発表の71万9000戸から69万7000戸へ下方改定された。

12月の売り上げは20万─74万9000ドルの価格帯に集中した。最も需要が大きい20万ドル以下の住宅の売り上げは全体の10%にとどまった。

ジローのエコノミスト、マシュー・スピークマン氏は「低水準の住宅ローン金利、堅調な労働市場、地政学上の緊張緩和は住宅需要の継続を示唆している」と述べた。

新築住宅は住宅市場全体の約11.1%を占める。新築住宅販売は建設許可件数を基に算出されており、月次の数値は乱高下する傾向があ る。

12月の前年同月比は23.0%急増した。

19年全体では前年比10.3%増の68万1000戸と、07年以来の高水準だった。

米連邦準備理事会(FRB)は19年に3回利下げした。連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)によると、30年固定住宅ローン金利は平均3.60%と、18年11月の4.94%から低下した。住宅ローン金利が低い環境は住宅市場を下支えしている。

先に発表された19年12月の中古住宅販売は1年10カ月ぶりの高水準を付けた。12月の住宅着工件数は13年ぶりの高水準だった。住宅着工許可件数は減ったものの、前月まで7カ月連続で伸びていた。

米経済の約3.1%を占める住宅市場は18年に弱含んだ後に改善したものの、依然として用地と労働力不足を背景に、低価格帯を中心とした供給が不足しており、抑制要因となっている。結果として住宅価格は高止まりしている。

JPモルガンのエコノミスト、ダニエル・シルバー氏は「住宅投資が昨年第4・四半期に妥当な増加を示したと引き続き想定している」と述べた。

新築住宅の中間価格は前年同月比0.5%上昇の33万1400ドルだった。

地域別では、販売の大半を占める南部が15.4%減の34万7000戸と、18年10月以来の低水準。北東部は11.8%減だった。一方、中西部は10.1%、西部は31.0%それぞれ増加した。

住宅在庫は前月比1.6%増の32万7000戸だった。販売ペースに基づく在庫の消化期間は5.7カ月。11月は5.5カ月だった。

ブリーン・キャピタルのシニア経済アドバイザー、コンラッド・デクアドロス氏は「世帯形成トレンドは住宅の新規建設ペースを上回っており、今年の住宅市場を支えるだろう」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 6

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 8

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    コロナショックで孤立無援のイタリアが恨み節──加速…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 10

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!