ニュース速報

ビジネス

NY市場サマリー(14日)

2020年01月15日(水)07時37分

[14日 ロイター] - <為替> 円が上昇。一方、人民元は下落した。米国が今年の大統領選終了まで対中関税を維持する方針との報道を受け、15日に予定される米国と中国の「第1段階」通商合意署名への期待に押し上げられていたリスク選好度は低下した。

ブルームバーグはこの日、米政府が第1段階の合意署名から10カ月をかけ対中関税を見直し、撤廃する計画と報じた。

第1段階通商合意署名を控える中、米財務省は13日、為替報告書を公表し、中国の「為替操作国」認定を解除したと明らかにしていた。[nL4N29I46P]

終盤の取引で円は対ドルで上昇し、109.92円。一時は110.20円まで下げていた。

オフショア人民元は対ドルで下落し、6.89元。一時、昨年7月11日以来の高値となる6.87元を付けていた。

スイスフランは対ドルで0.966フランに上昇。米財務省は前日公表の為替報告書で、スイスを為替操作の監視リストに追加した。[nL4N29J3BO]

<債券> 国債利回りが低下した。市場では小幅に伸びた12月の消費者物価指数(CPI)や15日に予定される「第1段階」の米中通商合意署名が注目された。

終盤の取引で米10年債利回りは2.7ベーシスポイント(bp)低下の1.8214%。序盤は小動きだった。

米労働省が14日発表した2019年12月の消費者物価指数(CPI、季節調整済み)は前月比0.2%上昇と小幅に伸びた。米連邦準備理事会(FRB)が少なくとも20年末まで金利を据え置く材料となる可能性がある。市場予想は0.3%上昇だった。[nL4N29J3RB]

米国と中国が15日に調印する「第1段階」の通商合意を巡り、中国側が米製品・サービスの購入を向こう2年間で拡大すると確約したことが関係者の話で明らかになった。2017年比で約800億ドル増やすというが、購入確約には疑念の声もある。[nL4N29J1JW]

2年債利回りは1bp弱低下の1.5781%。

<株式> まちまちで終了。一時最高値を更新したものの、米国が11月の米大統領選後まで対中関税を維持する見通しだという報道を受け、押し戻される展開となった。

ブルームバーグは関係筋の話として、最終的な対中関税の撤廃は15日に署名される米中の「第1段階」通商合意を中国が順守するかどうかに左右されると報じた。

テミス・トレーディングの共同マネジャー、ジョー・サルッジ氏は、過去最高値圏にあるS&P総合500種<.SPX>の予想株価収益率が約18倍になっていることから、アルゴリズムの売買システムや投資家はブルームバーグの報道を売り材料と受け止めたと指摘した。

第1段階の通商合意の説明を受けた関係筋によると、中国は向こう2年間に、米国で製造された製品の購入を2017年比で約800億ドル増やす。このほか、エネルギー関連で500億ドル強、サービスで約350億ドル、農産品で約320億ドルそれぞれ購入を拡大する。[nL4N29J1JW]

第4・四半期利益が予想を上回ったJPモルガン・チェースは1.2%上昇。トレーディングや引受業務が好調だった。同じく第4・四半期利益が予想を上回ったシティグループは1.6%高。[nL4N29J3KE][nL4N29J3N4]

一方、ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)は5.4%急落。法務費用がかさみ、第4・四半期利益が大幅に減少した。[nL4N29J3GL]

<金先物> リスク選好の流れに圧迫されて続落した。中心限月2月物の清算値は前日比6.00ドル(0.39%)安の1オンス=1544.60ドル。

米中両国による貿易協議「第1段階」合意文書への署名を翌15日に控え、安全資産とされる金塊は前日に続いて売り圧力にさらされた。13日夜には一時1536ドル付近まで下落したが、その後はアジア・欧州の株価がやや伸び悩む中で買い戻され、下げ幅を縮小した。

<米原油先物> 米中貿易協議の進展に期待が広がる中、安値拾いの買いなどが入り、6営業日ぶりに反発した。米国産標準油種WTIの中心限月2月物の清算値は前日比0.15ドル(0.26%)高の1バレル=58.23ドルだった。3月物は0.18ドル高の58.26ドルとなった。

ドル/円 NY終値 109.97/110.00

始値 109.97

高値 110.11

安値 109.87

ユーロ/ドル NY終値 1.1127/1.1130

始値 1.1130

高値 1.1134

安値 1.1105

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 102*07.00 2.2721%

前営業日終値 101*15.00 2.3070%

10年債(指標銘柄) 16時59分 99*14.00 1.8126%

前営業日終値 99*04.00 1.8480%

5年債(指標銘柄) 17時05分 100*20.00 1.6183%

前営業日終値 100*15.00 1.6510%

2年債(指標銘柄) 17時05分 100*03.38 1.5700%

前営業日終値 100*02.38 1.5860%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 28939.67 +32.62 +0.11 <.DJI>

前営業日終値 28907.05

ナスダック総合 9251.33 -22.60 -0.24 <.IXIC>

前営業日終値 9273.93

S&P総合500種 3283.15 -4.98 -0.15 <.SPX>

前営業日終値 3288.13

COMEX金 2月限 1544.6 ‐6.0 <0#GC:>

前営業日終値 1550.6

COMEX銀 3月限 1774.2 ‐25.4 <0#SI:>

前営業日終値 1799.6

北海ブレント 3月限 64.49 +0.29 <0#LCO:>

前営業日終値 64.20

米WTI先物 2月限 58.23 +0.15 <0#CL:>

前営業日終値 58.08

CRB商品指数 183.6407 +0.6316 <.TRCCRB>

前営業日終値 183.0091

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

NTT、ドコモ完全子会社化へTOB 1株3900円

ワールド

訂正-韓国、コロナ新規感染者の減少続く 当局は連休

ワールド

独政府の短時間労働制度、9月の対象者数は370万人

ビジネス

午後3時のドルは105円半ば、クロス円が堅調

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 4

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 5

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 8

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 9

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 10

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!