ニュース速報

ビジネス

NY市場サマリー(27日)

2019年12月28日(土)07時52分

[27日 ロイター] - <為替> 年末を迎え薄商いの中、ドルが下落。米中が通商合意書の署名に近づいているという期待からリスク選好が上向き、安全資産と見られるドルに売りが出た。

米中交渉を巡っては、トランプ米大統領が24日、中国の習近平国家主席と第1段階の米中通商合意書に署名する調印式を行うと表明。中国外務省も25日、通商合意の署名式を巡り米国と密接に連絡を取っていると明らかにした。

主要6通貨に対するドル指数<.DXY>は0.6%安の96.951。指数の伸びは年初来で1%未満と、6年来の低水準にとどまっている。

アクション・エコノミクスのアナリストは「リスクオン心理が働く中、ドル安の流れになった。投資家は米中による第一段階の通商協定書の署名が近いと見ている。金融政策は拡張的であり、インフレ率は落ち着いている」と述べた。

ユーロ/ドルは0.76%高。約5カ月ぶりの大幅な値上がり。オフショア人民元 は6.9917元とほぼ横ばい。ドル/円 は0.2%安の109.40円。

ポンド/ドル は0.78%高。欧州委員会のフォンデアライエン委員長は、英国との新たな通商関係を巡る交渉について、交渉期限の延長が必要になる可能性があるという認識を示した。

<債券> 国債利回りが低下。年末を迎え薄商いの中、これまでの売りが一服したほか、ポートフォリオ調整の買いが入った。

米中通商協議を巡っては、トランプ米大統領が24日、中国の習近平国家主席と第1段階の米中通商合意に署名する調印式を行うと表明。中国外務省も25日、通商合意の署名式を巡り米国と密接に連絡を取っていると明らかにした。

10年債利回りは1.88%。今月初旬には1.69%を付けていた。

ナットウエスト・マーケッツのアナリストは「今月の売りでモメンタム指標の多くが売られ過ぎの状態になった。国債相場は足元、強気に転じている」と述べた。

2年債と10年債の利回り格差は28ベーシスポイント(bp)に縮小。19日時点では31bpと2018年10月以来の水準に拡大していた。

<株式> ナスダック総合指数<.IXIC>が12営業日ぶりに反落した。一方、ダウ工業株30種<.DJI>とS&P総合500種<.SPX>は小幅高となり、終値ベースの最高値を更新。年末高の勢いが継続した。

今年も残すところわずか2営業日。S&P500は現時点で年初来29%超上昇し、年間の上昇率としては2013年以来の大きさとなる見込み。年末にかけ閑散商いが続くとみられている。

チェリー・レーン・インベストメンツのパートナー、リック・メックラー氏は「年末にかけ、もみ合い相場となる傾向が多い。特に今年は大幅に上昇しており、年明けに年金などからの新規資金が流入するまで株価の一段高は想定しづらい」と述べた。

DAデビッドソンのウェルス・マネジメント調査部門ディレクター、ジェームス・ラーガン氏は「第1段階の米中通商合意が1月初旬から中旬にかけて署名されることが期待されている」と指摘。「通商面での期待が来年の設備投資を促すと見込まれる中で、低金利と力強い消費が続いており、持続的な株価上昇のレシピは整っている」と語った。

セクター別では生活必需品<.SPLRCS>や不動産<.SPLRCR>、公益<.SPLRCU>が値上がり上位。一方、エネルギー<.SPNY>や素材<.SPLRCM>は下落した。

米取引所の合算出来高は約52億株。直近20営業日の平均は68億株。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を1.02対1の比率で上回った。ナスダックでも1.52対1で値下がり銘柄数が多かった。

<金先物> 4営業日続伸。2月物の清算値は前日比3.70ドル(0.24%)高の1オンス=1518.10ドルと、中心限月ベースで9月下旬以来約3カ月ぶりの高値となった。クリスマスから年末年始にかけて休暇を取る市場参加者が多く、この日も薄商い。こうした中、対ユーロでのドル安により、ドル建てで取引される金塊などに割安感が生じ、金が買われた。テクニカル要因からの追随買いも入ったもようだ。米株式市場が連日で史上最高値を更新する中、相場急落に備えたリスクヘッジ目的の金買いを指摘する向きもあった。

<米原油先物> 米原油在庫の大幅減を示す週報の発表を受けて切り返し、4営業日続伸した。米国産標準油種WTIの中心限月2月物の清算値は、前日比0.04ドル(0.06%)高の1バレル=61.72ドル。週間では2.12%上昇。3月物の清算値は0.05ドル高の61.53ドルとなった。

ロシアのノバク・エネルギー相はこの日、石油輸出国機構(OPEC)主導で2017年に始まった協調減産の終了を、来年検討する可能性があると述べた。OPEC加盟・非加盟の産油国で構成する「OPECプラス」は今月上旬、来年3月末までの減産延長と規模拡大を決めているが、同相は足元の国際石油市場がおおむね安定しているほか、夏には原油需要が高まる可能性があるとの見解を表明。これを受け、朝方はいったん売りが優勢となっていた。

しかし、米エネルギー情報局(EIA)が午前に週報を発表すると、流れは反転。EIAによると、20日までの1週間に米原油在庫は550万バレル減少し、市場予想の170万バレル減を大きく上回る取り崩しを示した。また、午後に発表された米石油サービス会社ベーカー・ヒューズの統計でも、同日までの1週間の国内石油掘削リグ稼働数が677基と前週から8基減少し、米国内の供給過剰に対する懸念を和らげた。

ドル/円 NY終値 109.41/109.44

始値 109.48

高値 109.58

安値 109.4

ユーロ/ドル NY終値 1.1175/1.1178

始値 1.1147

高値 1.1187

安値 1.1146

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 101*07.50 2.3175%

前営業日終値 100*26.00 2.3370%

10年債(指標銘柄) 17時00分 98*27.50 1.8770%

前営業日終値 98*19.50 1.9050%

5年債(指標銘柄) 17時05分 100*11.00 1.6780%

前営業日終値 100*03.75 1.7250%

2年債(指標銘柄) 17時05分 100*02.38 1.5872%

前営業日終値 99*31.25 1.6370%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 28645.26 +23.87 +0.08 <.DJI>

前営業日終値 28621.39

ナスダック総合 9006.62 -15.77 -0.17 <.IXIC>

前営業日終値 9022.39

S&P総合500種 3240.02 +0.11 +0.00 <.SPX>

前営業日終値 3239.91

COMEX金 2月限 1518.1 +3.7 <0#GC:>

前営業日終値 1514.4

COMEX銀 3月限 1794.3 ‐4.7 <0#SI:>

前営業日終値 1799.0

北海ブレント 2月限 68.16 +0.24 <0#LCO:>

前営業日終値 67.92

米WTI先物 2月限 61.72 +0.04 <0#CL:>

前営業日終値 61.68

CRB商品指数 187.1793 +0.4956 <.TRCCRB>

前営業日終値 186.6837

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

独ルフトハンザの政府救済が前進、最大24枠放棄で条

ワールド

最後の香港総督パッテン氏、中国主席を批判「新冷戦引

ワールド

トランプ氏、G7延期を表明 ロシアや韓国など加え中

ビジネス

5月の中国製造業PMI50.6に低下、需要低迷で回

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題だったのか

  • 4

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 5

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 6

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!