ニュース速報

ビジネス

日銀、金融政策は現状維持の公算 短観が拡大シナリオ裏付け

2019年12月13日(金)19時56分

 日銀は18─19日の金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を決める公算が大きい。写真は都内の日銀本店。2016年9月撮影(2019年 ロイター/Toru Hanai)

和田崇彦 木原麗花

[東京 13日 ロイター] - 日銀は18─19日の金融政策決定会合で、金融政策の現状維持を決める公算が大きい。生産などで弱い指標が出ているものの、日銀内では短観結果も含めて景気拡大シナリオを修正するまでの材料は出ていないとの見方が目立つ。日銀は引き続き海外経済の下振れリスクを注視する方針だが、米国の対中追加関税の発動見送り報道や英国の総選挙での与党勝利などでマーケットはリスクオンに傾斜しており、追加緩和カードは温存する見通しだ。

<短観はシナリオに沿った結果>

足元では弱い経済指標が目立っている。10月鉱工業生産指数速報は前月比4.2%低下の98.9となり、前月比のマイナス幅は2018年1月以来の大きさとなった。10月の生産を最も下押ししたのが自動車生産だったことで、日銀内には生産の先行きを懸念する声が出ており、日銀は「横ばい圏内の動き」としている生産判断の下方修正を検討する。

しかし日銀は、景気が緩やかな拡大基調を続けるとの見方を崩すほどの材料は出ていないと判断しているようだ。政府が打ち出した事業総額26兆円の経済対策も景気を下支えするとみている。

消費税率引き上げ後、消費関連指標で弱いものが続いているが、自然災害の影響もあり、もう少し時間をかけて見極めたいとの見方が目立つ。

13日に発表された12月の全国企業短期経済観測調査(日銀短観)は、大企業・製造業の最近の業況判断指数(DI)が0となり、前回9月調査から5ポイント悪化した。悪化は4四半期連続で、13年3月調査(マイナス8)以来、6年9カ月ぶりの低水準となった。一方、大企業・非製造業の業況判断はプラス20と、9月調査から1ポイント悪化したものの、事前予測のプラス17を上回った。

日銀は短観結果について、外需の弱さを内需がカバーするという日銀のシナリオに沿ったものと評価している。

19年度の設備投資計画も大企業・全産業が前年度比6.8%増と、9月調査から0.2%ポイント上方修正されるなど、省力化・効率化に向けた企業の設備投資意欲の強さが確認されたとの声が日銀内で出ている。

<年末株高へ向かう市場に警戒感も>

日銀の雨宮正佳副総裁は12日の講演で、金融政策運営で最も注意が必要なのは海外経済の下振れリスクだと指摘した。

海外経済の先行きを占うえで最大の注目点は米中貿易交渉の行方だが、13日には一部の関税引き下げと15日の追加関税発動見送りが報道された。英国の総選挙では与党・保守党が過半数を制し、来年1月の欧州連合(EU)離脱に道筋がついた。東京株式市場では日経平均株価が年初来高値を更新するなど、投資家のマインドは改善している。

現時点で、海外経済の下振れリスクが発現してきたとは言えないものの、雨宮副総裁は米中交渉について「米中両国の間にはなお様々な問題に関して対立点が残っている。今後の交渉の行方は引き続き不透明感が強い」と述べるなど、日銀は警戒姿勢を崩していない。

年末株高に向かうマーケットが、弱い経済指標を織り込んでいないのではないかとの見方も日銀では聞かれる。日銀は海外経済の下振れリスクを引き続き注視し、物価安定目標を損なう恐れが高まる場合には躊躇なく追加緩和に踏み切る方針を維持する見通しだ。

(編集:石田仁志)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

ビジネス

ドル4週間ぶり高値、米指標軟調で安全通貨買い=NY

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 2

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 3

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 8

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!