ニュース速報

ビジネス

米テスラ、新会長に豪通信大手幹部デンホルム氏 マスク氏の後任

2018å¹´11月09日(金)02時37分

 11月8日、米電気自動車(EV)大手テスラは7日夜、豪通信大手テルストラのロビン・デンホルム最高財務責任者(CFO)が、イーロン・マスク氏の後任としてテスラ会長に就任すると発表した。写真はソルトレイクシティーで2017年9月撮影(2018年 ロイター/Lucy Nicholson)

[8日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラは7日夜、豪通信大手テルストラのロビン・デンホルム最高財務責任者(CFO)が、イーロン・マスク氏の後任としてテスラ会長に就任すると発表した。

デンホルム氏は直ちにテスラの会長に就任する。同氏はテスラ取締役会に2人いる女性取締役の1人。7月にテルストラのCFOに任命された。

マスク氏はツイッターへの投稿で「チームに加わってくれたことをロビン(デンホルム氏)に感謝したい。一緒に働けるのを非常に楽しみにしている」と述べた。

マスク氏は、テスラの株式非公開化計画に関するツイッター投稿を巡り、会長職を退くことなどに同意し米証券取引委員会(SEC)と和解した。最高経営責任者(CEO)職にはとどまる。[nL4N1WG06C]

テスラは13日までに後任の会長を任命する必要があった。

デンホルム氏は55歳。2014年以降、テスラの独立取締役を務めている。

同社から昨年、ストックオプションなどの形で500万ドルの支払いを受けている。取締役会メンバーで最高額だ。

ノードLBのアナリストは「外部候補がより適切な選択だった」とし、「マスク氏にとって最も御しやすい人物」と指摘する。

デンホルム氏は、世界的な会計事務所だったアーサー・アンダーセンやトヨタ自動車、サン・マイクロシステムズで勤務した経験がある。

デンホルム氏は、テルストラとの6カ月の事前通知期間が終了し次第、同社CFOと戦略部門責任者のポストを退任する。

テスラによると、デンホルム氏はフルタイムで会長を務める。またテルストラを去るまでテスラの監査委員会の会長を一時的に退くという。

テスラの広報担当は、デンホルム氏が年間30万ドルの現金と8000株のストックオプションを受け取ると明らかにした。

広報担当はまた、テスラがさらに2人の独立取締役を積極的に探していると述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:英国の悪夢

2019-4・ 2号(3/26発売)

EU離脱のタイムリミットを延期しても希望は見えずハードブレグジットの経済的損失は予測をはるかに超える

人気ランキング

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    「ADHDと睡眠障害は表裏一体である」との見解が明らかに

  • 3

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

  • 4

    ADHDに「倫理に反する。費用もかかる」救世主が現れ…

  • 5

    KKKに入会し、潜入捜査を行った黒人刑事の実話『ブラ…

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』ゾロアスター教とフレデ…

  • 9

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 10

    日本の採用面接は人物を正しく評価できない グーグ…

  • 1

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 9

    アフリカの違法エナジードリンク、「6時間たちっぱ…

  • 10

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレディの悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 5

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 6

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

  • 10

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!