ニュース速報

ビジネス

ドル113円前半、株高で円じり安

2018年11月08日(木)15時40分

 11月8日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円安の113円後半。一時113.73円まで上昇し、前日につけた1カ月ぶり高値に迫った。株高が円を押し下げているという。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[東京 8日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点から小幅円安の113円後半。一時113.73円まで上昇し、前日につけた1カ月ぶり高値に迫った。株高が円を押し下げているという。

ドルは朝方の113円半ばからじり高。日経平均が一時500円近い上げ幅となるなどアジア株が全面高となり、円に下落圧力がかかった。

ドルは前日、米中間選挙の途中経過に一喜一憂する形で激しく乱高下。一時113.82円まで上昇し、10月8日以来1カ月ぶり高値をつけた。

ただ、きょうの東京市場は前日に乱高下した「疲れが出ている」(外為アナリスト)といい、上値追いも限定的。前日高値より円安水準では利益確定のドル売りが出やすいこと、個人の証拠金取引で114円付近に売り注文が集中していることなどを指摘する声が出ていた。

<米中間選挙後は株高の経験則>

中間選挙が終了し、市場では引き続き、今後の米政局の行方と相場の見通しが議論されている。

その中でも話題を集めているのが、米株高の経験則。バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチによると、共和党大統領下で上下両院を異なる党が支配するねじれが生じた場合、その間の年間株価上昇率は1928年以降の平均でプラス12%。さらに、中間選挙でそうした状況となった翌年は、52年以降の平均で20%の上昇率を記録しているという。

JPモルガン証券の調べでも、中間選挙後の米S&P総合500種は翌年3月末までに、過去7回中6回上昇。平均上昇率は10%に達している。

今回もねじれによる政策停滞懸念を覆し、株価が堅調な米経済を反映する形で上昇し続ければ、外為市場では円が売られやすくなる可能性がありそうだ。

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 113.64/66 1.1431/35 129.93/97

午前9時現在 113.55/57 1.1430/34 129.82/86

NY午後5時 113.51/54 1.1424/28 129.84/88

(為替マーケットチーム)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米次期財務長官にイエレン前FRB議長、バイデン氏が

ビジネス

FRB、23年後半まで実質ゼロ金利維持へ=シカゴ連

ワールド

米当局、リジェネロンのコロナ抗体薬を24日から配布

ワールド

原油先物は約2%高、コロナワクチン治験のニュースで

MAGAZINE

特集:バイデンのアメリカ

2020-11・24号(11/17発売)

就任100日でバイデン民主党新政権の内政・外交・経済そしてコロナ対策はこう動く

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    バイデンは「親中」ではないが「親日」でもない──日…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!