ニュース速報

ビジネス

ドル113円前半で様子見、日本株高は支え

2018年11月06日(火)15時50分

 11月6日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点に比べ、ややドル高/円安の113円前半。米国の中間選挙を目前に控えて積極的な取引は手控えられた。写真は昨年6月撮影(2018年 ロイター/Thomas White)

[東京 6日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点に比べ、ややドル高/円安の113円前半。米国の中間選挙を目前に控えて積極的な取引は手控えられた。

ドルは朝方にきょうの安値111.19円を付けた後、午後2時前後にかけて113.36円までじりじり上昇した。米中間選挙を前に様子見ムードが広がる中、「開店休業状態」(国内金融機関)との声も聞かれたが、日本株が堅調に推移したことがドル/円の支援材料となった。

米中間選挙の主なシナリオについては、民主党が下院の過半数を獲得し、上院は共和党が過半数を維持するというものや、共和党が上下両院の過半数を維持するというものなどがある。仮に後者のシナリオが実現した場合、米株高・ドル買いで反応するイメージがあるという。

午後はオーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が、政策金利のオフィシャルキャッシュレートを過去最低の1.50%に据え置くことを決定した。ロイター調査によると、アナリスト39人中38人が据え置きを予想しており、外為市場の反応は限定的だった。

一方、英ポンドは朝方から堅調に推移した。一時147円後半と10月17日以来3週間ぶり高値をつけた。英紙ロンドン・タイムズが5日、英国の欧州連合(EU)離脱を巡り、EUがアイルランド国境問題の打開に向けた譲歩案を提示する見通しと報じたことが手掛かりとなった。

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 113.32/34 1.1402/06 129.23/27

午前9時現在 113.25/27 1.1407/11 129.19/23

NY午後5時 113.18/21 1.1406/08 129.14/18

(為替マーケットチーム)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!