ニュース速報

ビジネス

欧州市場サマリー(12日)

2018年10月13日(土)04時53分

[12日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 続落。日中はプラス圏で取引されたが終盤にかけて失速した。保護主義的な政策や米国の利上げ加速を巡る懸念から世界的に株価が下落している。

FTSE100種は週間ベースで4.38%低下し、2月にあった株価調整の4.72%低下以来の大幅安となった。当時は物価上昇や利上げを巡る懸念で世界的に株価が下がっていた。

英国の欧州連合(EU)離脱の取り決めを巡り、翌週のEU首脳会議で合意に至るとの期待が薄れる中でポンドが下落した。ただFTSE100種の輸出銘柄を押し上げる効果はなかった。

<欧州株式市場> 続落。保護主義的な政策や米国の利上げ加速を巡る懸念から世界的に株価が下がっている。

ユーロSTOXX指数<.STOXXE>は週間ベースで4.82%低下し、2月以来の大幅安となった。2月は物価上昇や利上げを巡る懸念から世界的に株式が売り込まれ、同指数が週間で5.11%低下した。

欧州株のトレーダーは、トレンドが「かなりひどい」と指摘。トランプ政権の景気刺激策で米国では企業収益が増加する中、米国株は年初来、欧州に比べて好調な値動きを示していると指摘した。

企業収益の伸びは米国が欧州を大幅に上回っている。欧州株式ファンドから流出した何十億ドルもの資金を呼び戻すには、業績改善が必須だ。

<ユーロ圏債券> 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁がインフレ見通しについてハト派的な発言を行ったことなどを背景に、独連邦債を含む多くの高格付け国債の利回りが低下した。

ドラギ総裁は今後数年のユーロ圏インフレについて、徐々に上昇する基調にあるとの見方を表明。比較的活発な上昇を予想するとしていたこれまでの発言からややトーンダウンした。

独10年債利回りは2ベーシスポイント(bp)低下の0.50%。週初からは約6.5bp低下し、週間としての低下は6週間ぶり。週間の低下幅は2カ月ぶりの大きさとなる。

リスク選好度が回復したことでイタリア国債は安定を取り戻し、2年債利回りは2bp低下、10年債は横ばいとなった。アナリストはマイナスのニュースの大部分は織り込み済みとしている。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!