ニュース速報

ビジネス

欧州市場サマリー(21日)

2017年11月22日(水)04時58分

[21日 ロイター] -

<為替> ドルが主要通貨に対し幅広く下落。米10年債利回りに追随したほか、23日に感謝祭の祝日を控え、前日の上昇を受けた利益確定売りが広がった。

<ロンドン株式市場> 続伸して取引を終えた。3週間ぶりの大幅高だった。好決算を発表した銘柄が買われたほか、消費関連株も値を上げた。

格安航空会社イージージェットは5.1%上昇した。通期利益が好感された。イージージェットは、競合の倒産や、ライアンエアで発生した大規模欠航が価格設定の面で追い風となったと説明している。

たばこ大手のインペリアル・ブランズは3.4%上昇し、14カ月ぶりの大幅高となった。JT<2914.T>が、積極的に海外企業の合併・買収(M&A)の機会を模索する考えを示している人物を新社長に任命したことから、ジェフリーズは、JTがインペリアルへ買収提案をする可能性が高まったと指摘している。インペリアルは長い間、買収の標的とみられてきた。ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は1.8%の連れ高となった。

<欧州株式市場> 続伸して取引を終えた。欧州経済の基調的な底堅さや、それに伴う世界経済の拡大に関する期待が相場を押し上げた。

ドイツのクセトラDAX指数<.GDAXI>は0.83%上昇。ドイツの連立協議決裂を受け、メルケル首相は20日、少数政権を率いるより、再選挙実施が好ましいとの考えを示した。

前日に中期見通しを引き上げたドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)は3.0%上昇し、2日連続で大幅に伸びた。

ドイツ民放大手のプロジーベンSAT1は1.5%上昇。JPモルガンが目標株価を45ユーロへ引き上げたことが好感された。同社は最近、買収の標的となる可能性が材料視されている。

<ユーロ圏債券> 独仏利回り格差が2010─12年のユーロ圏債務危機以前の水準に縮小した。

ユーロ圏最大の経済規模を持つドイツと第2位のフランスの国債利回り格差は2月、仏大統領選挙で反欧州連合(EU)派の極右政党・国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首が勝利するのではないかとの懸念から80ベーシスポイント(bp)近辺に拡大していた。ただ大統領選では中道派のエマニュエル・マクロン氏が勝利、仏独国債利回り格差は縮小に転じた。

この日の取引では仏10年債と独10年債との利回り格差は15bpと、2009年8月以来の水準に縮小。ドイツでは19日、メルケル首相が率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)、自由民主党(FDP)、緑の党による連立協議が決裂。協議決裂を受けメルケル首相は20日、少数政権を率いるより再選挙実施が望ましいとの考えを示すなど、政治的に安定しているフランスとは対象的な情勢となっている。

高利回りが魅力となりスペイン10年債やポルトガル10年債などの南欧諸国の国債利回りは3─4bp低下。イタリア10年債と独10年債との利回り格差は141bpに縮小し、今月に入りつけた約1年ぶりの低水準に迫った。

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

「ファイブアイズ」外相、香港情勢巡り電話会議=カナ

ワールド

ソブリン債、ジャンク級が投資適格級初めて上回る見通

ワールド

米国のコロナ感染者、8日に5.8万人超増加 過去最

ビジネス

日経平均は小反発で始まる、米株高好感も主力銘柄は売

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!