ニュース速報

日産自、次期CEOの有力2候補に内田・関専務=関係筋

2019年09月13日(金)00時28分

[シアトル/パリ 12日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>の次期最高経営責任者(CEO)に専務執行役員の内田誠氏と関潤氏が浮上している。事情に詳しい4人の関係者が明らかにした。

話し合いは進行中で、なんら決定していないという。 2人の関係者によると、山内康裕暫定CEOも含め他の候補者となる可能性もある。

日産は9日、西川広人社長兼CEOが16日付で辞任し、山内最高執行責任者(COO)が暫定的な後任に就くと発表した。指名委員会が10月末をめどに正式な後任を決めるとしている。

次期CEO人事は、日産の筆頭株主である仏ルノーとのアライアンスの将来に多大な影響を及ぼすことになる。次期CEOは、ルノーと関係強化を推し進める、あるいは一線を画して独自路線を進む可能性がある。

内田氏は、中国事業の統括責任者。関氏は、中国事業の責任者を務めた経験があり、現在はリカバリー担当。

2人の関係者によると、内田氏は、アライアンスの購買担当の経歴も持ち、ルノーや、日産の取締役会のルノー寄りのメンバーから支持されている。一方、関氏は、日産寄りのメンバーの支持を受けている。

「ルノーとしては、内田氏の方がなじみがある。ルノー側は、関氏よりも内田氏の方がはるかに御しやすいと考えている」と日産関係者は語った。

今のところ、日産のコメントは得られていない。

2人の関係者によると、他の取締役会メンバーは、内部要因および幹部として豊かな経験から関氏支持に傾いている。

日産関係者は「関氏は、人間性の面で優れ、日産内で人気がある。同僚や部下からも信頼されている」と語った。

別の関係筋によると、日産の指名委員会は、約10人のリストから候補を絞り込んでいる。

自動車業界専門の人材紹介会社ターンポイント・コンサルティングのアンドレ・リンデキュー代表取締役は、残された時間が少ないことを考えると、現在の経営陣に入っていない人物が次期CEOに抜擢される可能性は低いとみる。

「コーポレート・ガバナンスの改善に重点を置いていることから、経営陣にさほど混乱をもたらさない人物を昇格させる余地がある」との見方を示した。

こうした中、西川氏の辞任を巡って社外取締役の井原慶子氏とジェニファー・ロジャーズ氏が重要な役割を担っていたことが関係者らの話で分かった。それによると2人は西川氏に辞任を迫ったほか、山内氏の暫定CEO就任に向け働き掛けを行ったとみられる。日本企業の取締役会で女性や外国人が影響力を振るうのはまれという。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

※次号は9/25(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 8

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 9

    男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

  • 10

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!