ニュース速報

チリ中銀、半年以内に再利下げの可能性=総裁

2019年09月12日(木)15時57分

[11日 ロイター] - チリ中央銀行のマルセル総裁は11日、ロイターのインタビューで、中銀が6カ月以内に今年3回目となる利下げに向かう可能性はあるが、マイナス金利や量的金融緩和といった極端な政策の導入への道は引き続き遠いと強調した。

世界最大の産銅国のチリは米中通商紛争の影響を受けている上、過去60年で最悪の干ばつに見舞われている。政府は財政刺激策の可能性を模索。中銀も6月と9月に利下げを実施し、政策金利は9年ぶりの低水準である2%となっている。

総裁は「特に心配なのは米中通商紛争、それから英国の欧州連合(EU)離脱といった世界的な緊張が通商、金融市場、事業見通しに及ぼす影響だ」と述べた。「チリ中銀は、消費や投資といった需要が想定よりも鈍ければ、ある程度の追加金融緩和措置を準備するだろう」とした。

中銀は今後、コアインフレのデータ、とりわけ景気の動きを敏感に映すサービスのインフレを注視する。

中銀の年内の政策決定会合のスケジュールは次回が10月末、その次が12月10日でこれが年内最後となっており、12月の会合では経済見通しを盛り込んだ四半期ごとの金融政策報告を公表する。

総裁は次回の政策決定について、必ずしも新しい経済見通しのタイミングということではなく、経済指標で短期見通しがどれだけ裏打ちされるかを重視する考えを示した。

チリ中銀は9月公表の金融政策報告で今年の成長率見通しを従来の2.75─3.5%から2.25─2.75%に引き下げている。

総裁は、9月初旬の前回会合以降、消費者物価指数や失業率など主要な経済指標は「ほぼ」予想に沿った動きを示したと指摘。「状況の悪化は見られないが、予想を上回る改善も見られない。ただ、まだ判断を下すには時期尚早で、様子を見ている」とした。

隣国アルゼンチンで通貨が急落して景気が悪化し、資本規制が導入されたことについては、チリへの影響は「あったとしても非常に小さい」と述べ、両国は通商や金融面の関係がかなり限られるとした。

欧州中央銀行(ECB)などは近々、マイナス金利の深堀りに動く見通しとなっており、トランプ米大統領も米連邦準備理事会(FRB)にマイナス金利の導入を求めた。しかしマルセル総裁はチリではこうした政策はまったく視野に入っていないと強調した。

その上で「量的金融緩和などの検討は早計だ。チリ中銀にはまだ金利に操作の余地がある」とした。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

※次号は9/25(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 7

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

  • 8

    嘘だらけの製薬会社が引き起こした米オピオイド危機…

  • 9

    男たちの女性差別がでっち上げた蔡英文の学歴詐称疑惑

  • 10

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 1

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界に放たれ裏目の結果に

  • 2

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 3

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

  • 6

    「日本のハイジ」を通しスイスという国が受容されて…

  • 7

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 8

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 9

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 10

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 1

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!