ニュース速報

チリ中銀、半年以内に再利下げの可能性=総裁

2019年09月12日(木)15時57分

[11日 ロイター] - チリ中央銀行のマルセル総裁は11日、ロイターのインタビューで、中銀が6カ月以内に今年3回目となる利下げに向かう可能性はあるが、マイナス金利や量的金融緩和といった極端な政策の導入への道は引き続き遠いと強調した。

世界最大の産銅国のチリは米中通商紛争の影響を受けている上、過去60年で最悪の干ばつに見舞われている。政府は財政刺激策の可能性を模索。中銀も6月と9月に利下げを実施し、政策金利は9年ぶりの低水準である2%となっている。

総裁は「特に心配なのは米中通商紛争、それから英国の欧州連合(EU)離脱といった世界的な緊張が通商、金融市場、事業見通しに及ぼす影響だ」と述べた。「チリ中銀は、消費や投資といった需要が想定よりも鈍ければ、ある程度の追加金融緩和措置を準備するだろう」とした。

中銀は今後、コアインフレのデータ、とりわけ景気の動きを敏感に映すサービスのインフレを注視する。

中銀の年内の政策決定会合のスケジュールは次回が10月末、その次が12月10日でこれが年内最後となっており、12月の会合では経済見通しを盛り込んだ四半期ごとの金融政策報告を公表する。

総裁は次回の政策決定について、必ずしも新しい経済見通しのタイミングということではなく、経済指標で短期見通しがどれだけ裏打ちされるかを重視する考えを示した。

チリ中銀は9月公表の金融政策報告で今年の成長率見通しを従来の2.75─3.5%から2.25─2.75%に引き下げている。

総裁は、9月初旬の前回会合以降、消費者物価指数や失業率など主要な経済指標は「ほぼ」予想に沿った動きを示したと指摘。「状況の悪化は見られないが、予想を上回る改善も見られない。ただ、まだ判断を下すには時期尚早で、様子を見ている」とした。

隣国アルゼンチンで通貨が急落して景気が悪化し、資本規制が導入されたことについては、チリへの影響は「あったとしても非常に小さい」と述べ、両国は通商や金融面の関係がかなり限られるとした。

欧州中央銀行(ECB)などは近々、マイナス金利の深堀りに動く見通しとなっており、トランプ米大統領も米連邦準備理事会(FRB)にマイナス金利の導入を求めた。しかしマルセル総裁はチリではこうした政策はまったく視野に入っていないと強調した。

その上で「量的金融緩和などの検討は早計だ。チリ中銀にはまだ金利に操作の余地がある」とした。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

中国本土のコロナ新規感染者は11人、前日から増加

ビジネス

アングル:市場にコロナバブルの声、実体経済と乖離 

ワールド

香港で「テロリズム」拡大、国家安全法は必要=治安部

ワールド

台湾、香港市民に「必要な援助」提供へ=蔡英文総統

MAGAZINE

特集:コロナ特効薬を探せ

2020-5・26号(5/19発売)

新型コロナウイルスとの闘いを終わらせる治療薬とワクチン開発の最前線をルポ

人気ランキング

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 6

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    異常に低いロシアの新型コロナウイルス致死率 陽性…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    東京都、3段階で休業解除へ 感染増加すれば東京アラ…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいっている不思議

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 6

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 7

    韓国でまたも「慰安婦問題」 支援団体の不正会計疑…

  • 8

    反ワクチン派がフェイスブック上での議論で優勢とな…

  • 9

    ビリー・アイリッシュと村上隆のコラボがアメリカで…

  • 10

    「新型ウイルスは実験室で生まれた可能性もある」と…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!