ニュース速報

トランプ大統領がG20後に訪韓、米朝協議再開への期待高まる

2019年06月25日(火)11時15分

[ソウル/ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領は今週末、韓国を訪問する。トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は最近、双方に書簡を送っており、核問題解決に向けた協議再開への期待が高まっている。

青瓦台の報道官によると、トランプ大統領は今週大阪で行われる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の後、29日から2日間の日程で訪韓する。30日に韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と首脳会談を行う予定だという。

青瓦台の報道官は、トランプ大統領と文大統領の会談について、米韓の同盟を強化するとともに、朝鮮半島の完全な非核化を通じて継続的な平和強化に共に取り組む方法について突っ込んだ話し合いをすることになると説明した。

トランプ大統領は今月11日、金委員長から「極めて心温まる」書簡を受け取ったと明らかにし、「極めて前向きなことが起こる」と述べていた。

一方、北朝鮮の国営朝鮮中央通信(KCNA)は23日、金委員長がトランプ大統領から親書を受け取り、その内容について真剣に検討する方針だと伝えた。

ポンペオ米国務長官は、トランプ大統領が金委員長に送った親書について、北朝鮮の非核化に向けた協議再開に道を開くことに期待を示している。

ポンペオ氏は中東に出発するのを前に記者団に、米国は北朝鮮との協議をすぐに再開する用意があると述べた上で「この親書が北朝鮮と重要な協議を開始するための確実な基礎を提供することに期待する」と語った。

<DMZ訪問の可能性>

韓国当局者によると、トランプ大統領は韓国と北朝鮮を分ける軍事境界線のある非武装地帯(DMZ)を訪問することを検討している。

トランプ氏は2017年の訪韓時もDMZ訪問を希望したが、濃霧のため実現しなかった。DMZでは昨年、金委員長と文大統領の南北首脳会談が行われた。

ある米高官は、トランプ大統領は韓国訪問中に金委員長と会談する計画はないと話した。トランプ氏はDMZを訪問するかとの質問に対しては、コメントを控えた。

昨年のシンガポールに続く2月のベトナム・ハノイでの2回目の米朝首脳会談は物別れに終わり、米朝の協議は途切れた格好になっている。

米国防情報局(DIA)のロバート・アシュリー長官は24日、FOXニュースとのインタビューで、金委員長に非核化の用意は整っていないと明言。「金氏に非核化の用意がないと引き続き判断している」と語った。

米国のビーガン北朝鮮担当特別代表は19日、ワシントンのアトランティック・カウンシルでのフォーラムで、米国は北朝鮮との新たな協議に前提条件を設けていないとした上で「交渉の扉は大きく開かれている。そう遠くない将来に実質的な手段でこのプロセスに再び従事することを見込み、期待している」とコメントした。

米国務省によると、ビーガン氏は27─30日に韓国を訪問し、韓国の政府高官らと会談する予定。

韓国のシンクタンク、峨山(アサン)政策研究院のシニアフェロー、Shin Beom-chul氏は、トランプ氏が(金委員長への書簡の中で)新たな実務レベル協議を提案した可能性があるものの、現時点で大きな事態打開は見込みにくいと指摘する。

「北朝鮮は、非核化の最終段階がどのようなものか、それに向けた行程表を示す必要があるが、短距離弾道ミサイルの発射実験を最近実施した後でただ状況を制御するために協議を再開するのは望ましくない」と述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

新型コロナ、東京都内で新たに243人の感染確認 過

ワールド

香港警察、警官襲撃巡り7人逮捕 容疑者の逃走支援

ワールド

トランプタワー前に人種差別抗議のスローガン、NY市

ワールド

豪、帰国者を半数に制限 ビクトリア州は新規感染者が

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府の「断種」ジェノサイド

  • 3

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 4

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 5

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 6

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 7

    「かくて私は教授を『クビ』になった」大月隆寛、地…

  • 8

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 9

    東京都、9日の新型コロナウイルス新規感染224人を確…

  • 10

    アフリカ、アジアだけでなく南米でも大繁殖──「地上…

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 9

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 10

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!