ニュース速報

トランプ大統領、北朝鮮に対するCIAの情報活動に否定的考え

2019年06月12日(水)10時14分

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、米中央情報局(CIA)が情報提供者を使って北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に関する情報収集活動を行うことは「私の指揮下では起こらない」と述べ、否定的な考えを示した。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は前日、関係筋の話として、金委員長の異母兄で2017年に暗殺された金正男氏がCIAの情報提供者だったと報道。[nL4N23I0YJ]

トランプ氏はホワイトハウスで記者団に対し、「金委員長の異母兄を巡るCIAに関する情報は承知している。金委員長にはこのようなことは私の指揮下では二度と起こらないと伝える」と述べた。

トランプ氏はこれまでも米情報機関の活動に否定的な認識を示している。

CIAは大統領の発言についてコメントしていない。

オバマ前政権時代に国家安全保障担当の大統領補佐官だったスーザン・ライス氏はツイッターに「いわゆる『最高司令官』について米国民が知るべき全てのことを(この発言が)物語っている」と暗に批判した。

CIAが金正男氏のような情報提供者を使えなくなれば、金正恩体制や、北朝鮮による地域や米国の安全保障への脅威を分析する際の重要な手掛かりが収集できなくなる。

元米情報当局者でブルッキングス研究所所属のジョン・パック氏は電子メールで「大統領が理解すべきなのは、米国の安全維持のためにはCIAが情報収集・分析という任務を遂行できるようにする必要があるということだ。これが幅広い外交、軍事、経済の政策・構想を裏付けることになる」と指摘した。

一方、トランプ氏は金正恩氏から受け取った直近の書簡について「極めて心温まる、素晴らしい書簡だった。北朝鮮は大きな潜在力を持っている」と指摘。金委員長はこれまでのところ長距離大陸弾道ミサイル発射実験や地下核実験は実施しない約束を守っているとし、3回目の米朝首脳会談の可能性は否定しなかった。

「彼は私との約束を守ってきた。それが非常に重要だ」と語った。

北朝鮮は5月に金委員長の指導の下で多連装ロケット砲と戦術誘導兵器の「発射訓練」を実施。トランプ氏はこのミサイル発射を問題視しない姿勢を示したが、大統領補佐官などは国連安全保障理事会の制裁決議違反だと指摘していた。

*見出しを修正しました。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米国のコロナ感染者、8日に6万人超増加 過去最多=

ワールド

米中関係、よりポジティブなメッセージ必要=中国外相

ワールド

メキシコ大統領がトランプ氏を称賛 初の首脳会談は争

ワールド

仏、8日の新型コロナ感染と死者が平均突破 当局は第

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!