ニュース速報

欧州議会選、6会派代表がテレビ討論 移民問題など議論

2019年05月16日(木)11時46分

[ブリュッセル 15日 ロイター] - 23日から始まる欧州連合(EU)の欧州議会選を前に、議会の会派代表によるテレビ討論会が15日に行われた。法人税の増税や賃上げ、二酸化炭素排出量の削減、アフリカからの移民問題、ロシアや中国、米国に対する外交政策など様々な問題について意見が交わされた。

討論会に参加した欧州議会の6会派の代表は分かりやすい言葉で滑らかな弁舌を振るったが、反EU派は参加せず、台頭しつつある国家主義者の声は聞かれなかった。

また主要加盟国では、90分の討論会は視聴率の低いチャンネルやオンラインのチャンネルで放送され、ソーシャルメディアでもあまり取り上げられず、盛り上がりに欠けた。

今回の欧州議会選では、EUに懐疑的な勢力が支持を広げる見通し。こうしたなか、討論会の参加者全員が有権者に投票するよう呼びかけた。2014年に実施された前回の欧州議会選では、投票率は50%を割り込んだ。

緊縮財政の廃止などEU改革を巡り様々な意見が出たが、参加者全員がEUの分断に強く反対する姿勢を示した。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング