ニュース速報

ドル108円半ば、英ポンドは買い戻し一巡で反落

2019年01月16日(水)15時41分

[東京 16日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の108円半ば。ドルは日経平均の下げ幅拡大や実需筋のドル売りを受けて、一時108円前半まで軟化し、上値の重さが意識された。

英ポンドは、メイ首相の欧州連合(EU)離脱協定案を下院が予想通り否決したことを受け、いったん買い戻しが強まったが、その後は利益確定売りが流入し、上値が抑えられた。

朝方の取引で108円後半を推移していたドルは、仲値通過後に108.37円ときょうの安値をつけた。日経平均の下げ幅拡大や、輸出企業によるドル売りが背景だという。また、前日発表された1月のNY州製造業業況指数が2017年5月以来の低水準をつけ、製造業の活動が一段と鈍化していることが確認されたことも、ドルに対するセンチメントを冷やした。

英ポンド/円は、早朝の取引で、メイ首相の欧州連合(EU)離脱協定案を下院が予想通り否決したことで買い戻しが強まり140円付近まで上昇した。しかし、その後は利益確定売りが先行し、いったん138円後半に反落。現在は139円半ばまで反発している。

ボラティリティの高いポンドの動きは「想定内」(FXアナリスト)との意見が複数聞かれた。ただ、「今回の投票が何の解決にもなっていないことは明白。政治的な不透明感が増しただけ」(外銀)と、先行きを警戒する声が出ていた。

みずほ総合研究所欧米調査部上席主任エコノミストの吉田健一郎氏は「交渉の先行きは極めて不透明なものとなった。今後の展開も流動的。政府は新方針を21日までに発表するが、どのような方針を提示するかは明らかとなっていない」と指摘。今後については、1)EUと再交渉、2)解散・総選挙、3)再国民投票、4)交渉打ち切りによる合意無き離脱──の4つの可能性を挙げている。

ドル/円  ユーロ/ドル  ユーロ/円

午後3時現在 108.47/49 1.1410/14 123.78/82

午前9時現在 108.64/66 1.1412/16 124.02/06

NY午後5時 108.67/71 1.1413/14 124.03/07

(為替マーケットチーム)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米国のコロナ感染者、8日に5.9万人超増加 過去最

ワールド

新型コロナで労働世界は「未曾有の危機」に突入=IL

ビジネス

米バイオジェン、FDAにアルツハイマー薬候補の販売

ビジネス

機械受注5月は予想外のプラス転換、非製造業で底堅さ

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!