最新記事
世論調査

ウクライナ、交渉による戦争終結を望む世論が半数に

Nearly Half of Ukrainians Open To 'Compromise' With Russia To End War: Poll

2023年12月5日(火)19時14分
ブレンダン・コール
兵士の家族たち

「パパを返して」──兵役が長過ぎると抗議する兵士の家族たち(11月12日、キーウ) REUTERS/Thomas Peter

<クリミア半島やウクライナ東部などロシアに奪われた領土の奪還に必ずしも拘らないという人も約半分。戦争継続はいつまで可能なのか>

【動画】待ち伏せ攻撃を仕掛けるロシア兵を、ウクライナのスナイパーが「凄技」狙撃で撃退した瞬間

 

ロシアとの交渉による和平を支持する――世論調査によれば、ウクライナでは過去9カ月でこうした考え方が急速に広まり、今では国民の半数近くを占める。

厳しい冬が迫り双方に多大な損失を出しながらも、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領とロシアのウラジーミル・プーチン大統領が停戦や和平へ向けた交渉を始める兆しはみられない。

ゼレンスキーは、ロシアが占領しているウクライナ東部ドンバス地方と、同じくロシアが2014年に一方的に併合したクリミア半島を奪還することが戦争のゴールだと繰り返し述べてきた。目標を達成するまで戦闘を続ける決意だ。

だがウクライナの独立系調査機関「レイティング」が実施した世論調査では、交渉による解決を支持するウクライナ国民が、今年2月の時点よりも増えていた。この調査結果は、ロシアとウクライナの両国で広く報じられた。

若者とウクライナ東部に多い妥協派

11月に実施されたこの調査では、回答者の44%が「第三者の仲介のもと交渉を行い、妥協と解決を模索する」と回答した。ロシアとの戦闘開始から1年経った今年2月の時点では、交渉による解決を支持した人は35%に過ぎなかった。

ロシアに占領された領土を奪還するまで戦闘を続けることを支持するウクライナ国民の割合も、この1年で減少傾向にある。2月の時点では、回答者の60%が「全ての領土を奪還するまで」戦闘を続けるという考えを支持したが、11月の調査ではその割合は48%に減少した。

ウクライナのニュースサイト「ストラナ」は調査結果を報道する中で、和平のためには妥協を支持するという回答は15~35歳の若者(支持者の45%)とウクライナ東部の住民(51%)が多いと指摘。より年配のグループ(36~50歳)とウクライナ西部の住民は、いずれも50%が戦闘の継続を支持した。

調査の誤差範囲は公表されておらず、本誌はレイティングとウクライナ大統領府にコメントを求めたが返答はなかった。

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

消費者態度指数2月は1.1ポイント上昇、判断「改善

ビジネス

JPモルガン、HSBCとスタンチャートに香港・台湾

ビジネス

中国製造業PMI、2月は49.1に低下 5カ月連続

ワールド

インドネシアCPI、2月は前年比+2.75% 予想
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒーロー」ナワリヌイの正体

  • 3

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社会風刺」にも成功した

  • 4

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 5

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強…

  • 6

    「ボストンを変えた」交響楽団に音楽監督として乗り…

  • 7

    経済が下向きな上、政府は理不尽──外国人投資家が歴…

  • 8

    仏大統領のウクライナ派兵巡る発言、NATO諸国に…

  • 9

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 10

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中