最新記事

SNS

飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイートしたら大炎上...これって差別なの?

Why Is Rampant Obesity OK?

2022年11月22日(火)18時38分
シドニー・ワトソン(作家、政治評論家)
飛行機内の座席

ViktorCap-iStock

<あまりにも理不尽な窮屈さを訴えたツイートが大炎上した筆者が考えたこと。太りすぎに寛容すぎる社会の問題点が見えてきた>

10月10日、私はニューヨークからテキサス州ダラス行きのアメリカン航空機に乗った。座席は「32B」。飛行機の左側の列に並ぶ3席の真ん中だ。

飛行機に乗り込み、通路を進んで自分の席が目に入ったとき、私はパニックに襲われた。左隣の窓側の席には、とても太った女性が座っていた。そして右隣の通路側の席には、とても太った男性がいた。

私はこの2人に挟まれて、これから3時間半のフライトを過ごすのだ......。

2人の間にわずかに残るスペースに、なんとか体をねじ込んだ。両隣とは嫌でも体が触れ合う。2人の体が私の席にはみ出しているから、背もたれを使えず、不自然に前かがみになる。脚は閉じて、2人の間に押し込む感じになる。

腕は動かせず、肘掛けも使えず、テーブルを出すこともできない。前の乗客が背もたれを倒したので、私のスペースはさらに狭くなった。

他の乗客が、哀れみの視線を投げ掛けてくれる。ある客室乗務員は「何かありましたら、おっしゃってください」と何度も言ってくれた。でも飛行機は満席で、席を移ることもできない。

そこへ非常に腹立たしいことが起きた。右隣の「32C」から通路を挟んだ席の男性は、私の左側にいる女性の弟のようだった。私は彼に「席を替わりましょうか?」と言ってみた。すると彼は「いえ、大丈夫です」と答えたのだ。

耐えきれなくなって取った行動が炎上

耐えられなくなった私は、誰もがやりそうな手段に出た。機内からツイッターにこの状況を伝える投稿をしたのだ。

すると、たちまち炎上が始まった。両隣の男女を「ばかにしている」とか、「偏見だ」「心が狭い」「脂肪恐怖症」など、さまざまな言葉が飛んできた。私はただ、「飛行機に乗るには、どこまで太っていることが許されるのか」と問い掛けただけなのだが。

アメリカン航空の対応にも失望した。最初は私のツイートに対して、「当社のお客様には、いろいろな体格の方がいらっしゃいます」と言ってきた。だが数日後に私がカスタマーサービスに連絡した後には、「おわびのしるし」として150ドル分のフライトクレジットを贈りたいというメールをよこしてきた。

「150ドルあげるから、静かにしてくれ」というのは、あまりの侮辱ではないか。それにこの姿勢は、私が経験した問題にまともに向き合おうとしていない。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドル34年ぶり155円台、介入警戒感極まる 日銀の

ビジネス

エアバスに偏らず機材調達、ボーイングとの関係変わら

ビジネス

独IFO業況指数、4月は予想上回り3カ月連続改善 

ワールド

イラン大統領、16年ぶりにスリランカ訪問 「関係強
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴らす「おばけタンパク質」の正体とは?

  • 2

    「誹謗中傷のビジネス化」に歯止めをかけた、北村紗衣氏への名誉棄損に対する賠償命令

  • 3

    マイナス金利の解除でも、円安が止まらない「当然」の理由...関係者も見落とした「冷徹な市場のルール」

  • 4

    心を穏やかに保つ禅の教え 「世界が尊敬する日本人100…

  • 5

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 6

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 7

    イランのイスラエル攻撃でアラブ諸国がまさかのイス…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    コロナ禍と東京五輪を挟んだ6年ぶりの訪問で、「新し…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価」されていると言える理由

  • 3

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 4

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の…

  • 5

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ…

  • 6

    医学博士で管理栄養士『100年栄養』の著者が警鐘を鳴…

  • 7

    NewJeans日本デビュー目前に赤信号 所属事務所に親…

  • 8

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 9

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中