最新記事

SNS

飛行機の両隣に肥満の2人! 「悪夢の状況」をツイートしたら大炎上...これって差別なの?

Why Is Rampant Obesity OK?

2022年11月22日(火)18時38分
シドニー・ワトソン(作家、政治評論家)

ViktorCap-iStock

<あまりにも理不尽な窮屈さを訴えたツイートが大炎上した筆者が考えたこと。太りすぎに寛容すぎる社会の問題点が見えてきた>

10月10日、私はニューヨークからテキサス州ダラス行きのアメリカン航空機に乗った。座席は「32B」。飛行機の左側の列に並ぶ3席の真ん中だ。

飛行機に乗り込み、通路を進んで自分の席が目に入ったとき、私はパニックに襲われた。左隣の窓側の席には、とても太った女性が座っていた。そして右隣の通路側の席には、とても太った男性がいた。

私はこの2人に挟まれて、これから3時間半のフライトを過ごすのだ......。

2人の間にわずかに残るスペースに、なんとか体をねじ込んだ。両隣とは嫌でも体が触れ合う。2人の体が私の席にはみ出しているから、背もたれを使えず、不自然に前かがみになる。脚は閉じて、2人の間に押し込む感じになる。

腕は動かせず、肘掛けも使えず、テーブルを出すこともできない。前の乗客が背もたれを倒したので、私のスペースはさらに狭くなった。

他の乗客が、哀れみの視線を投げ掛けてくれる。ある客室乗務員は「何かありましたら、おっしゃってください」と何度も言ってくれた。でも飛行機は満席で、席を移ることもできない。

そこへ非常に腹立たしいことが起きた。右隣の「32C」から通路を挟んだ席の男性は、私の左側にいる女性の弟のようだった。私は彼に「席を替わりましょうか?」と言ってみた。すると彼は「いえ、大丈夫です」と答えたのだ。

耐えきれなくなって取った行動が炎上

耐えられなくなった私は、誰もがやりそうな手段に出た。機内からツイッターにこの状況を伝える投稿をしたのだ。

すると、たちまち炎上が始まった。両隣の男女を「ばかにしている」とか、「偏見だ」「心が狭い」「脂肪恐怖症」など、さまざまな言葉が飛んできた。私はただ、「飛行機に乗るには、どこまで太っていることが許されるのか」と問い掛けただけなのだが。

アメリカン航空の対応にも失望した。最初は私のツイートに対して、「当社のお客様には、いろいろな体格の方がいらっしゃいます」と言ってきた。だが数日後に私がカスタマーサービスに連絡した後には、「おわびのしるし」として150ドル分のフライトクレジットを贈りたいというメールをよこしてきた。

「150ドルあげるから、静かにしてくれ」というのは、あまりの侮辱ではないか。それにこの姿勢は、私が経験した問題にまともに向き合おうとしていない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

日経平均は反落、米景気懸念や円高が重し 米雇用統計

ビジネス

ユニクロ、11月の国内既存店売上高は前年比-3.8

ビジネス

ドイツ経済省、対中貿易依存を問題視

ビジネス

午後3時のドルは続落135円前半、3カ月半ぶり安値

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 7

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    「ツイッター終了」の未来

  • 10

    「もうどうでもいい」 逆襲ウクライナの「急所」を、…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月