最新記事

ロシア

ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

Russian Protester Raped by Police—Report

2022年9月28日(水)14時54分
ジェームズ・ビッケルトン

動員反対のデモ参加者を捕まえる警官(9月24日、モスクワ) REUTERS

<プーチン大統領の動員令に抗議する活動が各地で勢いを増すなか、活動家に対する警察の暴行は異常さを増すばかり>

モスクワで開催された反戦を訴える詩の朗読会に参加したロシアの反体制活動家が、自宅で逮捕され、警官にレイプされ、殴られたと報じられた。

ロシアの独立系新聞ノバヤ・ガゼタ・ヨーロッパによると、警察は9月26日にモスクワのアパートを急襲し、詩人のアルテム・カマルディン(31)と恋人のアレクサンドラ・ポポワを逮捕した。

ある関係者は同紙に、警官は「カマルディンをひどく殴り、ダンベルを肛門に突き刺した」と語った。

カマルディンは警察に謝罪を強要され、その模様を撮影した動画が、ソーシャルメディアプラットフォーム「テレグラム」にアップされた。

■動画を見る

動画の中で、カマルディンはこう語った。「昨日トリウムファルナヤ広場で言ったことについて、あらゆるロシア人の前で謝罪し、許しを請い、悔い改めます」その顔にははっきりとしたあざができていた。

ポポワは、警官に拷問されたと主張した。そしてカマルディンがレイプされるビデオを見せられ、おまえも集団でレイプするぞと脅されたという。

「私は瞬間接着剤だらけになった。警官は私の顔に接着剤でシールを貼りつけたり、接着剤で唇を貼りあわせようとした。髪の毛をひっこ抜き、蹴りを入れ、5人でレイプすると脅した」と彼女は語った。

相次ぐ活動家への暴行

ポポワはまた、アパートに保管していた600ドルが警察の襲撃の際に消えたと主張した。

カマルディンが参加した予備役動員に反対する詩の朗読会は、25日にモスクワのトリウムファルナヤ広場の有名な詩人ウラジーミル・マヤコフスキーの記念碑の近くで開催された。

カマルディンの弁護士レオニード・ソロビョフは、コメルサント紙に、依頼人が警察からレイプされ殴られたと主張していることを認めた。

反プーチンのパンクバンド、プッシー・ライオットはこの事件について、ツイッターに投稿した。「われわれの同志であるロシアの活動家アルテム・カマルディンは、たった今、ロシアの警察に拷問され、レイプされた」

「警官は、カマルディンを激しく殴り、肛門にダンベルを入れ、その一部始終を恋人に見せたそうだ。恋人は、5人の警官に殴られ、レイプすると脅された」

トリウムファルナヤ広場の詩の朗読会に関連して、26歳のニコライ・デイネコと21歳のイェゴル・シュトフバの2人の活動家も逮捕されたと、ロシア語の独立系ニュースメディア、メデューサは報じている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

サッカーW杯関連株が再び上昇、日本の決勝T進出決定

ワールド

ペルー議会、カスティジョ大統領の弾劾手続き開始 3

ビジネス

11月カナダ製造業PMI、4カ月連続で50下回る 

ビジネス

インフレと中国景気減速がアジアのリスク要因=IMF

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 7

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    「ツイッター終了」の未来

  • 10

    「もうどうでもいい」 逆襲ウクライナの「急所」を、…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月