最新記事

宇宙

中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 両国の火種になる可能性も

2022年8月4日(木)18時35分
大塚智彦

回収された中国のロケット長征5号Bの残骸 UNTV News and Rescue / YouTube

<大気汚染だけでは飽き足らず宇宙でもゴミを撒き散らす?>

フィリピンの沿岸警備隊は同国南部のミンドロ海峡の海上で中国が7月24日に打ち上げた衛星ロケットの部品とみられる残骸を発見、回収したことを明らかにした。

これはフィリピンの英字紙「インクワイアラー」が8月3日に報じたもので、落下に伴う船舶や漁民への被害はこれまでにところ報告されていないという。

中国が7月24日に海南省文昌発射場から打ち上げた衛星ステーション関連施設の建設に関わる運搬用ロケット「長征5号B」は地球の周回軌道に乗る前に「ペイロード・モジュール」という部分が剥離。中国当局は地球に落下する危険があると国際社会に警告していた。

ただ中国側は「制御不能により落下地点は不明」との見解を示し、中国政府は「通常は地球の大気圏に突入した場合燃え尽きる可能性が高い」として被害が及ぶ危険は少ないとの見方を示していたのだった。その後31日になってフィリピン近海に落下する可能性が高いと初めて具体的な落下場所に関する情報を明らかにしていた。

今回フィリピンが回収した部品が当該衛星からの「落下物」で「長征5号B」のものと確認されれば、中国政府の無責任な姿勢が問われることになるのは必至とみられている。

こうした中国の宇宙開発に伴う落下物は2020年にも起きている。

「フィリピンは中国の大半の衛星の飛行経路の下にありリスクが高い」とする研究者の警戒を同紙は紹介しており、中国に対して早期で詳細な落下情報の共有が不可欠との見方を示している。

漁師が浮遊物を発見、仲間と回収

同紙の報道によると、南部パラワン州ブスアンガ沖にあるディミパック島の北東27海里(約50キロメートル)沖のミンドロ海峡海上に浮遊する物体を漁師が発見。幅1メートル、長さが5メートルと大きかったため、仲間の漁師と協力して回収したという。

物体は金属製で、上段ロケットに使用される「ペイロード・モジュール」の部品とみられ、回収後にミンドロ島マンブラオにある沿岸警備隊基地に引き渡され、その後マニラに搬送されるとしている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

台湾外相、中国が侵略準備を進めていると警告

ワールド

台湾周辺での演習、9日も継続=中国軍

ワールド

台湾海峡の中間線付近に約20隻の中国・台湾軍艦=関

ワールド

米国の太平洋地域関与が重要、投資倍増へ=国務副長官

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 2

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 3

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 4

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 5

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 6

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 7

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 8

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 9

    【動画】MIRRORメンバーの頭上に大型スクリーンが落…

  • 10

    【映像】ライブ中のアイドルの頭上に、大型スクリー…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 5

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 6

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 9

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

  • 10

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月