最新記事

英王室

「ここまで愚かだったとは」──チャールズ皇太子、スーツケース入りの大金授受が発覚

Charles 'Stupid' to Accept €3m in Cash as Calls Grow for New Investigation

2022年6月29日(水)16時51分
ジャック・ロイストン

チャールズはイギリスのすべての政治家や官僚に顔が利く自分の立場を自覚していない? Justin Tallis-REUTERS

<チャールズ皇太子は英国王にふさわしくないのでは? カタールの元首相からスーツケースや買い物袋に入れた現金計3万ドルを受け取ったことが明るみに>

イギリスのチャールズ皇太子がカタールの政治家から300万ユーロの現金を受け取ったことについて、でイギリスのEU離脱の立役者ナイジェル・ファラージュは「最低だ」と非難した。

英サンデー・タイムズ紙によると、チャールズはカタールのハマド・ビン・ジャシム・ビン・ジャブル・サーニ元首相から、自身の慈善団体「プリンス・オブ・ウェールズ慈善基金」に対する数回に渡る寄付を現金で受け取っていたという。

チャールズ皇太子は2015年に1対1で元首相と会い、スーツケースに入った100万ユーロ(約106万ドル)を渡された。別の機会には高級百貨店フォートナム・アンド・メイソンの手提げ袋に入った札束を受け取ったと同紙は報じている。

ただし、元首相から皇太子に現金が渡ったこと自体に違法性があったという指摘はなく、チャールズの慈善団体に入金され、「適切に処理」された、と同紙は報じた。慈善団体には現金による寄付の受け入れが認められている。

チャールズが受け取った現金は、500ユーロ紙幣だったと言われている。これは、「ビンラディン」の通称で呼ばれる高額紙幣で、マネーロンダリングなど金融犯罪に悪用されやすいことから2016年に発行停止が決まった。

イギリス独立党元党首のファラージュは、ツイッターにこう書き込んだ。「チャールズ皇太子は私が思っていた以上に愚かだ。これは最低だ」

怪しい背景、疑わしい金

一方、君主制に反対する市民団体「リパブリック」は、イギリスの規制当局である慈善事業委員会に調査を求めることを発表した。

リパブリックの最高責任者グラハム・スミスは声明で以下のように述べた。「この話は衝撃的だ。チャールズ皇太子はハマド・ビン・ジャシム元首相に私的に会った。関係者は同席せず、王室行事日報にもそのことは一切公表されていない」

「ハマド・ビン・ジャシムはその後、チャールズ皇太子に直接会い、3度に渡って合計300万ユーロを支払った。チャールズ皇太子は、その現金を、自分のお気に入りのプロジェクトの追求と、所有する土地の一部の運営のために設立した慈善団体に提供した」。

「ハマド・ビン・ジャシムは人権問題で深刻な非難を浴びている人物だ。そしてイギリスでは経済的、その他の大きな利益を得ている」

「チャールズ皇太子はイギリスの首相やすべての政府閣僚に顔が利き、すべての閣議決定を知ることができる立場にある。したがって、ハマド・ビン・ジャシムが見返りに何を期待したのか、という倫理的に重大な問題が生じる」

この問題が明らかになったのは、エリザベス2世の健康状態の悪化からチャールズ皇太子が国王に近い職務を増やしている時期だった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界的景気後退、財政・金融政策整合的なら回避可能=

ビジネス

FRBの「仕事終わっていない」、インフレ鈍化初期の

ワールド

英ヒースロー空港、旅客数制限を10月終盤に解除へ=

ワールド

米、ウクライナに6.25億ドル追加支援 ハイマース

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング