最新記事

ペット

うちの愛犬に噛まれたと言い張る女性を「撃退」した「犬の精神科医」

I Hired a Dog Psychiatrist

2022年5月20日(金)12時48分
アゴタ・ガボール(元バレエダンサー、著述家)

筆者は愛犬バルコを守り抜いた AGOTA GABOR

<何日も経ってから「かまれた」と言い掛かりをつけ始めた彼女に対し、犬の無実を裁判で証明する方法はほかになかった>

湖のほとりに立つコテージを購入したのは、一度は別れた夫と私がよりを戻し、娘と3人でカナダのトロントで暮らすことにしたときのこと。湖で泳ぐのを共にする犬も欲しくなり、入念なリサーチの結果、ポルトガルウオータードッグを飼うことにした。

評判の高い米デラウェア州のブリーダーを訪ねると、50頭を超える犬がいた。ほんの1分で毛むくじゃらのボールのような黒と白の子犬が私の膝に飛び乗ってきて、私たちの新しい家族になった。

私たちは子犬に「バルコ」と名前を付けた。ポルトガル語で船という意味だ。湖で一緒に泳ぐときは、私より先に進んでは私を気に掛けて戻ってくる。そして私にキスをして周りを泳ぎ、それからまた先へと泳いでいくのだ。

バルコが生後7カ月だった1999年10月のこと。私がごみ出しをしている最中にバルコが外に飛び出し、通り掛かりの女性を引っかく事件が起きた。

私は慌ててバルコを家に戻し、ジーンズが破けなかったか、けがをしていないかと女性に尋ねた。そして家の中にどうぞと声を掛け、ジーンズの弁償を申し出るとともにバルコのワクチン接種証明を見せようとした。だが彼女は、けがはしていないからと言って立ち去った。

1週間後に再びやってきた彼女

ところが1週間後、女性が再びやって来た。帰宅後に引っかき傷から出血していることに気付いて受診したところ、狂犬病の恐れがあるから動物管理当局に事件を届けるよう医師に指示されたと言うのだ。

予防接種はきちんと済ませているし、そもそも痛くも何ともないと言っていたのにどういうことなのか? 気が変わったのだと彼女は言った。

次の週、動物管理当局の人が家に来た。バルコはとてもいい子にしていたが、口輪の装着を命じられた。女性の主張が間違っていることを私が証明できなければ、バルコは一生、口輪を着け続けなければならない。私は何とかしてバルコの無実を証明しようと心に決めた。

ニューヨークに犬の精神科医がいることを突き止め、電話で状況を説明した。力を借りるには、トロントまで来てもらって事件が起きた状況を再現するしかない。依頼料は1時間当たり200ドルだったが、バルコのためなら何でもやるつもりだった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

ワールド

ロシア、ドル建て債利払いをルーブルで実施=財務省

ビジネス

S&P、英格付け見通し「ネガティブ」に 財政赤字縮

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 4

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシア脱出に長蛇の車列、16キロの大渋滞が衛星写真…

  • 8

    プーチンが部分動員したロシア兵、もうウクライナに…

  • 9

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 10

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 10

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 3

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月