最新記事

座談会

池内恵、細谷雄一、待鳥聡史が語り合った「山崎正和論」〈1周忌〉

2021年8月19日(木)14時35分
アステイオン編集委員会
池内恵・東京大学教授、細谷雄一・慶応義塾大学教授、待鳥聡史・京都大学教授

Zoomで行われた放送「安倍政権後の政治改革論」より、池内恵・東京大学教授、待鳥聡史・京都大学教授、細谷雄一・慶応義塾大学教授(左上から時計回りに) 国際政治チャンネル

<日本を代表する知識人・山崎正和が2020年8月19日にこの世を去り、1年がたった。池内恵・東京大学教授、細谷雄一・慶応義塾大学教授、待鳥聡史・京都大学教授という70年代生まれの論客が語り合った、山崎正和との出会いと思い出を再録する>

※座談会は2020年8月28日放送の「国際政治チャンネル」より。本稿は『別冊アステイオン それぞれの山崎正和』(CCCメディアハウス)所収。

「文学便覧」の人

■池内 山崎先生は私たちの共通の、何と言うんでしょうね?

■細谷 「メンター」じゃないですか?

■池内 私たち3人にとって山崎先生は、弟子とか上司とか、そういう関係ではなかったのですが、仕事上でも非常にお世話になっています。

山崎さんの最初の有名な著作は60年代の初頭ぐらいで、我々の中高時代に「文学便覧」や試験問題で名前を見る人でした。その後、大学、大学院へと進み、さらに、本を書いたりしていると、サントリー文化財団の研究会に呼ばれたりして、そこに参加すると、山崎さんが現れるわけです。

高校時代に大昔の作品の著者だった人がぴんぴんとしていて目の前に元気に現れて、「君の本はよかったね」とか言ってくれる。これは不思議な体験ですよね。

また、その話が非常に面白く、一緒に話をすると私たちが活性化され、先生ももっと元気になっていくという関係を20年ぐらい体験させてもらってきました。

そして山崎先生と言えば、やはり「社交」です。学術というよりも「学芸」、それがサントリー学芸賞ですよね。私たち3人が長い間編集委員をやってきた『アステイオン』の書き手や編集委員の多くはサントリー学芸賞の受賞者です。

毎年受賞者がいるので、その集団が『アステイオン』やサントリー文化財団の様々な研究会でつながっています。そのコミュニティ、つまり社交の場をゼロから生み出したのが山崎さんですが、皆さんにとってはどうだったでしょうか?

■細谷 山崎先生を一言で説明をするのはとても難しいですね......。新聞などでは「戦後最大の知識人で巨人」とか、「論壇で最も重要な役割を担った、戦後日本を象徴する知識人」など様々な賛辞がありましたけども、「専門」という言葉も似合わないし、思想的な立場、イデオロギーも一言で説明できない。

1960年代、論壇が一番華やかな時代において中枢にいて、しかし権力ともある独特の距離感を取りながら、一定程度の関与もしている。そういった意味ではとても不思議な存在ですよね。

関西にいらっしゃる待鳥さんがこの3人の中で会った回数、時間が一番多いのではないかと思いますが、どうでしょうか。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国発の衣料通販シーイン、今月上旬にロンドン上場申

ワールド

ウクライナ東部で5人死亡・41人負傷、ロシアのミサ

ワールド

バイデン氏次男の弁護団、銃不法購入巡り公判やり直し

ワールド

ウクライナ大統領、統合軍司令官を解任
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:小池百合子の最終章
特集:小池百合子の最終章
2024年7月 2日号(6/25発売)

「大衆の敵」をつくり出し「ワンフレーズ」で局面を変える小池百合子の力の源泉と日和見政治の限界

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    韓国、リチウム電池工場で爆発事故 火災により22名が死亡、1人行方不明
  • 2
    ワニの襲撃で男性が腕を失う...発見者が目撃した衝撃の光景
  • 3
    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている
  • 4
    登山者を悩ませる「ヒル」、実はジャンプできると判…
  • 5
    貨物コンテナを蜂の巣のように改造した自爆ドローン…
  • 6
    韓国観光業界が嘆く「中国人が戻ってこない」理由
  • 7
    「観光客は家に帰れ!」 バルセロナ市民がオーバーツ…
  • 8
    「隣は嫌だ!」「入口に陣取る」...理想的な「管理職…
  • 9
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 10
    キャサリン妃の母親が見舞われた「ピンチ」の瞬間...…
  • 1
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシア人選手が大激怒 殺伐としたフェンシング大会
  • 2
    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に
  • 3
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒
  • 4
    偉大すぎた「スター・ウォーズ」の看板...新ドラマ『…
  • 5
    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…
  • 6
    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…
  • 7
    スカートたくし上げノリノリで披露...米大物女優、豪…
  • 8
    アン王女と「瓜二つ」レディ・ルイーズ・ウィンザーっ…
  • 9
    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に
  • 2
    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア
  • 3
    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間
  • 4
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 5
    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 6
    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…
  • 7
    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…
  • 8
    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…
  • 9
    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…
  • 10
    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中