最新記事

ワクチン

ドイツとフランスで、ワクチンの代わりに生理食塩水を注射して問題に

2021年4月28日(水)17時30分
冠ゆき

ワクチンへの疑心暗鬼を生じさせた...... REUTERS/Hannibal Hanschke

<ドイツとフランスで、新型コロナウイルスワクチンの代わりに、生理食塩液を注射し、ワクチンへの疑心暗鬼を生じさせるなど問題を引き起こしている...... >

ドイツとフランスで、新型コロナウイルスワクチンの代わりに生理食塩液を注射する事態が相次いで起こった。

中身のこぼれた瓶に生理食塩液を入れてごまかした

4月21日、ドイツ北部ニーダーザクセン州のフリースラントでは、看護婦の一人が6人のワクチン接種希望者に生理食塩液を注射した。シリンジの準備中に、この看護婦はファイザーワクチンのバイアル(瓶)を落としてしまい、それをごまかすために、ワクチンの入っていない生理食塩液だけのシリンジを準備。それが合計6人に注射された。後日当人がこれを同僚に告白したことでこの事実が発覚。その同僚の知らせにより、続く週末、警察が調査に乗り出した。

本物のワクチンを接種できなかったのは6人だけだが、その日接種を受けた200人のうち誰がその6人なのかが不明だ。これを免疫検査で突き止める必要があるため、同センターは、この日ワクチン接種に来た全員に名乗り出るよう呼び掛けている。

フリースラントの責任者アンブロシー氏は、この「ごまかし操作」にショックを受け、速やかに再発防止対策を発表した。今後、当局はワクチン接種センターに「4つの目」ルールを導入し、ワクチン準備を一人で行うことがないようにするという(RTL 5minutes)。

フランスでは、ワクチンへの疑心暗鬼を生じさせている

また、フランスでは4月20日、マルヌ県のエペルネで、約140人が生理食塩液を注射されたことが判明した。もともとファイザー社のワクチンは、生理食塩液で希釈して接種することになっている。そのため、準備段階で「ミス」が生じたものと考えられているが、「ミスの詳細」についてはいまだ公表されていない。

幸い、生理食塩液は健康に害をもたらすものではない。だがワクチン効果は当然望めないため、ワクチンセンターは改めて140人に連絡をとり、23日と28日に分けてワクチン接種をやりなおした(フランス・アンフォ) 。

この「ミス」報道は、ただでさえワクチンに懐疑的なフランス人に、さらなる疑心暗鬼を生じさせた。

ラ・デペシュ・デュ・ミディ紙サイトやル・ポワン誌サイトに寄せられたコメントの大半は、「理解しがたい間違い」という批判の声だ。

容器にも容量にも名前にも共通点がないのに、どうやったら間違えられるんだという意見。次に目につくのが、「大臣用のシリンジだったに違いない」と皮肉る声だ。フランスでは、国民のワクチンに対する不信感を取り除くため、ヴェラン厚生相やカステックス首相はメディアの前でワクチン接種を受けた。それを引き合いに出して、あれはワクチンじゃなく生理食塩液でのパフォーマンスだったんだと、皮肉めかしてコメントしている。

また、ワクチン接種したのに副反応がなかったという人からは「もしかすると、自分が受けたのもただの食塩水だったのでは」と疑う声も寄せられている。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

再送-イスラエル、ガザ南部で軍事活動を一時停止 支

ワールド

中国は台湾「排除」を国家の大義と認識、頼総統が士官

ワールド

米候補者討論会でマイク消音活用、主催CNNが方針 

ワールド

米石油・ガス掘削リグ稼働数、22年1月以来の低水準
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 8

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中