最新記事

北朝鮮拉致問題

ジェンキンス死去、波乱の人生の平穏な最終章

A Fateful Life

2017年12月21日(木)12時00分
山田敏弘(ジャーナリスト)

愛車に乗り込むジェンキンス。好きだったバイクは70歳を機に乗るのをやめた(12年) Toshihiro Yamada

<国際情勢の渦にのみ込まれて数奇な運命をたどったジェンキンスが、妻の故郷・佐渡で最後に送った静かな日々>

2017年12月11日、元米陸軍兵のチャールズ・ロバート・ジェンキンスが新潟県佐渡市で77歳で死去した。

ジェンキンスは自宅玄関の前で倒れているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認された。遺体は検視でMRI検査にもかけられたが、結局死因はよく分からず、死亡診断書には「致死性不整脈」と記された。

ジェンキンスが、北朝鮮による拉致被害者である妻・曽我ひとみの故郷、佐渡市に初めて降り立ったのは04年のこと。40年にわたる北朝鮮での生活を経て、突然日本に移住することになったジェンキンスは、本心ではアメリカに帰国して暮らしたかったという。だが妻のために日本で骨を埋めることを決めた。

初めて佐渡島に入った日、ジェンキンスはこれからの日本での生活を前に、こんな決意の言葉を残している。「今日は私の人生の最終章の始まりとなる日です」

日本で13年間、「人生の最終章」を過ごしたジェンキンス。波乱に満ちた彼の人生を振り返ると、見えてくるのは運命に翻弄され国際的な注目を浴びる特異な存在に祭り上げられながらも、普通の生活に幸せと悲しみを感じ、弱さがありながらも環境の変化に適応して生きた、どこにでもいる人間くさい男の姿だった。

ジェンキンスの人生は数奇なものだった。1965年、在韓米軍に配属されていたジェンキンスは、戦闘が激化していたベトナムに送られるのを恐れ、10缶のビールを飲んだ勢いで北朝鮮に逃亡した。たどり着いた独裁政権の北朝鮮では、政府から命じられるまま教師などをして暮らした。80年には政府の思惑どおりに曽我と結婚した。

全く自由のない暮らしの中でも結婚後は長女の美花、次女のブリンダを儲け、家庭生活にささやかな幸せを見いだした。

だがそんな日々が突然、一変したのは02年だった。日朝首脳会談で北朝鮮が日本人拉致被害者の存在を認めると、妻の曽我は日本に帰り、家族は引き裂かれてしまう。当時、ジェンキンスは北朝鮮で「もう妻に会えない」と酒を飲んでわめくこともあったと、長女の美花は今も記憶している。

そして2年後、曽我一家はインドネシアのジャカルタで再会する。ジェンキンスは落ち着きを取り戻して妻と共に日本行きを決心した。

ニュース速報

ビジネス

カナダ首相、TPP署名を表明 労組は危機感あらわ

ワールド

米民主、メキシコ国境壁建設に関する提案撤回 移民巡

ビジネス

貿易収支、12月は3590億円の黒字 豪向け自動車

ビジネス

NAFTA再交渉、第6回会合始まる トランプ氏「か

MAGAZINE

特集:科学技術大国 中国の野心

2018-1・30号(1/23発売)

豊富な資金力で先端科学をリードし始めた中国 独裁国家がテクノロジーを支配する世界

*雪による配送遅延について

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 3

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 4

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 5

    犬の「うんちを食べる行為」の謎がついに解けた!?

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 8

    写真が語る2016年:小頭症の赤ん坊を抱きしめるブラ…

  • 9

    ウォンバットのうんちはなぜ四角いのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 2

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    シリアで流行した皮膚が溶ける「奇病」のワクチン開…

  • 7

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 8

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 9

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 10

    アメリカのビーチは糞まみれ

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 5

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 6

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月