最新記事

自動車

米自動運転法案、安全性を重視する専門家から批判の声

2017年10月4日(水)13時16分

10月3日、米議会で審議されている自動運転車の普及促進を目指した法案を巡って、自動車の安全性を重視する専門家らから批判の声が上がっている。写真は自動運転車。マサチューセッツ州ボストンで6月撮影(2017年 ロイター/Brian Snyder)

米議会で審議されている自動運転車の普及促進を目指した法案を巡って、自動車の安全性を重視する専門家らから批判の声が上がっている。

米運輸省道路交通安全局(NHTSA)の局長を務めた経験を持つジョーン・クレイブルック氏は3日、電話会見で「一般の人々がこの危険な実験の衝突試験用ダミーにされてしまう」と懸念。自動車業界は「実質的には、自動車の安全規制をなくそうとしている」と指摘した。

また、消費者団体の自動車安全センター(CAS)代表のジェーソン・レビン氏も、同じ会見で「自動運転車の実用化で先陣を切ろうと急ぐあまりに、企業は慎重さを欠いているのではないか」などと訴えた。

現行法では人間に制御されていない車両は禁じられている。審議中の法案は、人間が運転に関与しない自動運転車について、現行車と同様の安全性を確保していると見なされれば、既存の安全基準の達成を免除するほか、各州政府が性能基準を設定することを禁止するなどの内容。

米上院のジョン・スーン議員とゲーリー・ピーターズ議員は先週、自動運転車法案で超党派合意に達したと明らかにしている。上院商業委員会は4日に採決する予定。下院は9月上旬、同様の法案を可決済み。

[ワシントン 3日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2017トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

ニュース速報

ビジネス

中国全国の新築住宅価格、11月は前月比+0.3%

ビジネス

米共和党指導部、税制改革法案の週内可決・成立に自信

ビジネス

中国の中央経済工作会議、18日開幕=新華社

ビジネス

中国人民銀、14日物リバースレポ金利を2.65%に

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 3

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 4

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 9

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…